エネル最強説を検証!
エネルの戦闘力分析


数ある能力の中でも無敵と謳われる能力の一つ雷の力(29巻274話)

ゴロゴロの実は自然系+攻撃力+攻撃範囲+移動速度と凄まじい要素があるので確かに実の力では1.2を争うのではないかと思う。

武器に伝わらせれる力も合わせればも加わる。

ではエネル本人の強さはどうか、作者はSBSでこう言っている。


「5億以上はかたい」(43巻SBS)

天竜人を殴り、戦場で暴れ、ドラゴンの息子、覇王色の覇気持ちが判明したルフィすら2年後の懸賞金が4億である。(その後また上がったがやっと5億

他には七武海になったローですら4億4000万ベリー、超新星メンバーの最高額だったキッドでも4億7000万ベリー、ロジャー、白ひげ世代のチンジャオでようやく5億ベリー以上である。(しかも全盛期という条件付き)


悪行分がどのくらい入っているかだが現時点で何もやってないので考慮しようが無く、全く含まれていないと仮定していいと思う。

そして覇気についての予想が大体当たっていればルフィと違いこの実力だけであろう5億以上の懸賞金額は妥当と思われる。

武装色の覇気で能力を防げるのならここまで高くはないだろう・・・・・と思っていたが最近の展開を見る限り防げそうな感じである。

もし封じれないと決定すると大将青キジ、赤犬ですらエネルに勝てるとは個人的に思えない。

しかしどうも封じれそうなので大将クラスだとおそらく普通に勝てるだろう。※ただし並の中将レベルじゃ覇気が使えても勝てない気がする。

黄金の中を移動できるエネルが氷に掴まる事はないだろうしマグマが電気を通さないとも思えない。雷が溶けるという事も考えにくい。

大将二人を倒せる強さがあるとするなら5億以上の説得力はあるだろう。

しかしどうやら倒せそうもないので5億台のレベルが自分の読みとは違うと考えるべきであった。

ただ青キジがエネルに勝つ姿は現在でもちょっと想像できない。

氷vs雷なら覇気があっても雷が圧倒的に有利に思える。そこはどうなのか。上下関係理論が働く余地はあるのか。

黄猿なら光速移動+蹴り+覇気で倒せそうだが青キジは氷の能力カウンター力が持ち味のように思えるからエネルのようなタイプだと・・・・まあでも覇気で何とかなるのだろう。(三大将が一度やったバリアみたいなやつを使って)

(2)へつづく。


ページのトップへ戻る