マンガとかを読み解く。

EPISODE.04
"291045"

"内通者"がいる(かもしれない)というところで終わった前回。

果たしてその正体はこの回ですぐに明らかになるのか!?

始まりはエマ達ではなくイザベラとクローネからだった。

イザベラにイヤミを言われ部屋に戻るクローネ。

そして前のように赤ん坊の人形に語り掛けると思いきや……

首を引きちぎり暴れ出す

いやいや、マジで良いキャラですわクローネ。

エマ達の敵ではあるがママ(イザベラ)よりも応援したくなるゾ。

そして場面はエマ達3人組。

ドンとギルダを仲間にするか話し合っていた。

二人がスパイの可能性もあるとレイは指摘するがノーマンいわく既に網を張ったようなので問題ないらしい。一体何を仕掛けたのか。

そして逃走の訓練も兼ねた鬼ごっこをさらに高度化させより実戦向きにする。

ドンも言ってたが確かに楽しそうだ。

しかしギルダは疲れたようでちょっと休憩しようと提案。

それを聞いてムッとなる三人

…いやこれはそういう意味じゃなく誰が内通者か今から改めて考えようという事だろうが、でもギルダの提案(休憩)に不満があるようにも一瞬見えた。

小さいがかなり賢いフィルも内通者の可能性があるという話になるとさすがに頭を抱えるエマ。

だがレイはとことんもっと疑えとエマに諭す。ここまで言ってもしあんたが内通者ならお笑いですぜ。

そして発信機はいつ壊せるかレイに尋ねるノーマン。

10日あればいいという話を聞いたノーマンは脱出決行は10日後に行うと宣言。そんな無茶な…

エマも驚くがレイはもっと驚く。

出荷サイクルは2ヵ月のようなのでコニーの時からまだ2週間しか経っていない今の状況なら1ヶ月半の猶予があると説明するレイ。

だがノーマンはママ達の裏をかくにはこれがベストだと言う。

エマは納得したがレイは納得していない様子だった…

そしてその夜三人はドンとギルダにハウスの秘密を話すことに。

しかし鬼については話さず人身売買が行われていると説明。

最初は信じなかったドンだったがギルダとエマ達の様子を見て青ざめていく。

さらにノーマンの分析でスコアの低い順から"里子"に出されているパターンを知り話を受け入れることに。

だがエマはコニーがまだ生きているように言ってしまいレイは苛立つ。

二人が部屋に戻ったあとレイはノーマンにもしも二人がスパイじゃなかったらこの嘘は残酷すぎる…と言う。

だがノーマンはその時はその時だと今出来ることを考えているようだ。

その後ギルダが内通者かと思われたがクローネとの会話をエマはこっそり聞いており白だと証明された。ということはドンかフィル…?

次の日ノーマンはエマに内通者も一緒に連れて逃げるのかどうか尋ねる。

するとエマは少し考え「連れて行く」と答える。

少し驚いたノーマンだったがエマの説明を聞き笑顔で納得する。

そして各所に隠していたロープの有無を確認するノーマンとレイ。

なんとドンに伝えておいた場所のロープがない…

つまりスパイはドンで決まりか……と見せかけて「内通者は君だったんだね、レイ」とノーマンがレイに迫る。犯人はお前かいー!

驚くレイの前に立つノーマンで次回へつづくのであった…

元々ハウスの中で一人怪しげな雰囲気を持っていたレイがそのままストレートに内通者であると判明したわけであるが、いやでもまだ確定はしていない。ノーマンの推測は大外れの可能性もある。

しかしこれで違いましたとなれば完全にギャグなのでレイで間違いないだろう。

だがだとするとレイの以前のああいった描写やこういった描写はどう説明できるのか?

まだまだ何か裏があるかもしれない内通者問題。

約束のネバーランドはこれからが本番だ…!