マンガとかを読み解く。

EPISODE.02
"131045"

さあやって来ました第二話。

あの衝撃の展開からその後何が起きるのか───

鬼に食われる為だけに育てられているのならなぜ子供達はテストを行っているのか?

そこでノーマンは閃いた。

"脳"が鍵ではないかと。

出荷を免れている理由も成績が関係していると察知する。マジ賢い。

そして二人は柵の向こう側へ行ってみることに。

道中特に何もなく二人は高さ数メートルはある壁に辿り着く。

果たして壁の向こうには何が広がっているのか……

そしてハウスに戻った二人だがナイラという女の子が森で行方不明になったという。

それを聞いたママは懐中時計のようなものを取り出す。

(そんなでかい時計しか作れない科学力でよく───略)

そして森へ向かっていくママはあっという間にナイラを見つけ連れ戻ってくる。

(あ、あれは時計じゃないな…!!)

もしかしたら子供達には発信機が付いているのではないかと疑う二人。

さらに時計のような探知機をわざと見せ絶対に逃げられないとメッセージを送ったかのようなママに息を呑む──

その後もママの牽制に戸惑いつつも何とか切り抜けるエマとノーマン。

そして翌日、森の中で作戦会議を行っていたエマとノーマンの元にレイがやってくる。

ちなみに原作だとレイは第1話のあと数話ほとんど目立たず主役の三人と見せかけて実は脇役の一人ではないかという疑惑が挙がっていた。(自分の中で)

だがアニメは原作より展開が早いので間がなく秘密を知ることに。やはり主役は三人か。

しかしやけに飲み込みが早かったがこれは一体……ギャグ?

でも事態を簡単に把握してくれたので話が早い。

当然ながらエマの計画には大反対

確かにどう考えてもこれは難易度が高すぎるし全員道連れでアウトにもなる危険がある。

というか外の世界には何が広がっているのか分からないのでレイの言い分は決して間違っていない。

レイはノーマンに同調を求めるがエマの為を思いノーマンは非論理的と分かっていながらもエマの計画に乗るという。

そしてハウスに戻った三人に待っていたものは、新しい家族(赤ん坊)と新しいママであるクローネであった…。

(人間の大人はママだけではなかった)

ただでさえ困難と思われる脱出計画に更なる壁が立ちふさがる。

果たしてエマ達の運命はいかに──

第三話へつづくのであった…