ワンピースを読み解く!

88巻感想 パート2
カタクリのメリエンダにキャロットの月の獅子(スーロン)化!

では全体的な感想に移ろう。

カタクリにボコボコにされたルフィ、ビッグマムの大津波、など絶望的な状況からスタートする。

そして最後はビッグマムがサニー号に上陸し締め方も絶望的とこの巻は一言でいうなら"窮地"である。

秘密のメリエンダを見られて反撃の糸口を見つけたルフィとキャロットのスーロン化など常に追い込まれてばかりではないが、しかしどちらも長く続かず次の展開を予測するのが非常に難しい流れといえるだろう。

ちなみにこの88巻には自分が選んだ2017年のベストエピソードが3話収録されており、個人的に熱いと思う巻である。

そういえば885話の締めのサンジの顔を見て「ん?」と思った人は結構いるのではないだろうか。

あれは87巻収録の876話の締めとそっくりでワンピースに潜むミステリーの一つである。

という感じでこの巻でそろそろビッグマムがケーキを食うかと思いきや、まだまだ食べそうもない気配を見せWCI編が長引いているのを感じさせる。果たして次巻でも食うのかな…?

ちなみに細かな点については個別の感想をご覧ください。(考察も充実しています)