ONEPIECEを読み解く!

(1)

さっきも言ったが好きな話を一話挙げろと言われたら間違いなくこの100話を挙げる。

99話からの繋がりで始まりから終わりまで完璧な演出だと思う。伏線の張り方も凄い。

あとクロッカスのロジャーとの繋がりを示唆する意味深げな言葉も52巻になって完全に判明。この数話でどれだけ伏線を張っているんだ。

ちなみに何処で聞いたか知らないがクロッカスが言っていた"確かな筋の情報"はちっとも信憑性はないのであった。

そしてビビが初登場する巻でもあるが、ミス・ウェンズデーの時はとても16歳には見えない。

王女であるにも拘わらず犯罪組織に潜り込んでいるだけあって生き急ぎすぎである。

そして正体がハッキリしてから性格が違いすぎる。見た目も何気に変わった。

見た目は髪型とか化粧で簡単に解釈できるが、この性格の変化はなかなか手強い。

おそらく人格分裂一歩手前まできていたのだろう。

後々バイオレンスな部分だったり知っていたはずの"ボンクレーの情報"と"視覚の情報"がなぜか一致しなかった事などがあったので自分の中でこれは勝手に人格分裂の後遺症と結論付けている。

ルフィ達と遭遇しなければ途中で精神が参っていたに違いない。危ない危ない。

ページのトップへ戻る