939話ネタバレ感想
"老いたる豹は路を忘れず"

日和はゾロが兄であるモモの助の味方だと知り一安心。

おトコを連れて逃げていた理由は日和としての素顔を知る数少ない親友だったからであった。

そして日和がモモの助達と共に未来へ飛ばなかった理由が判明。

それはなんと、モモの助が再会を果たせなかった場合光月の血を途絶えさせないようにするためだとかなんだとか。つまり……どういうこと?

ちなみに河松、傳ジロー、アシュラ童子などの面子の場所どころか生きているのかさえ日和はわからないらしい。それはつまり…

場面は変わってアルマジロのSMILEと戦うルフィとヒョウじい。

ルフィはわざと攻撃を当てないように寸止めをしているように見えるが、それはレイリーなどがやっていた覇気バリアパンチを打ちたいからである。

それならきっとカイドウにもダメージが通るとルフィは考えていた。

そんなルフィを見て何をやりたいのか気づいたヒョウじい。

そこでヒョウじいは何とルフィがやりたかった覇気バリア攻撃を披露しマジロマンを倒してみせるのであった…!

日和が未来へ行かなかった理由についての正しい解釈に興味があれば次をごらんください。