936話ネタバレ感想
"大相撲インフェルノ"
ここでベポ達がまさかの事態に!?


ルフィの手錠の鍵は手に入れた雷ぞうだったが河松の牢と手錠には合わないので再度鍵を探しに行くことに。

クイーンが思いついた盛り上がるアイディア、それは相撲によるルフィ達の公開処刑であった。ここでまた相撲ネタ登場。

だが今回はただの相撲ではなく爆発する首輪をつけられ二人一組で勝ち続けなければならない厳しいものである。

ちなみにタイトルにある"インフェルノ"は地獄という意味である。つまり大相撲地獄

しかし海楼石が付いたままでは圧倒的にルフィ達が不利ということでなんと手錠を外してもらえることに。

なんという太っ腹なクイーンと言いたいところだが逆に言うとよほど戦闘に自信があるのだろう。

海楼石の手錠が外れたおかげで覇気を使えるようになったルフィは早速覇王色を放ち雑魚敵は気絶。次の相手を要求する。

場面は湯屋。

ドレークが浴場に入るとちょうどナミがそこにおり見つかってしまう。さらにバスタオルが取れ全裸に。そしてドレークは女の裸に弱いと判明。

さらにこっそり潜んでいたおそばマスクが鼻血を出してしまい色々あって結局みんなで逃走する羽目に。

だがサンジはいつものボケをかましていただけじゃなく重要な情報を手に入れていた。

なんとローを引きずり出す作戦としてカイドウ軍はベポ達ハートの海賊団を捕まえたというのだ…!

一方場面はゾロ。

刀泥棒に追いつき相見えているが、どうやらただの盗人ではなかったらしく「秋水」をあるべき場所に戻したというではないか。

だがゾロはそんなことどうでもいいらしく武器コレクターに出会ったと考え刀を大量に奪おうと狙う。さすが海賊だ。

そして両者戦いを始めるのであった…

というわけで展開が目まぐるしく動き出しここからどんどん盛り上がりそうである。

ちなみに秋水の行方に関することで興味があれば次をご覧いただきたい。