938話考察
日和がついに登場したが本当に正体は小紫なのか?


日和がついに姿を現した。

今まで正体は完全に謎めいていたのでこの展開に驚いた読者は多かった………わけじゃなかった。

日本語に限らず英語でもそうだがやっぱり小紫だったという意見が大多数を占めている。

しかし本編で日和は自分のことを小紫とは名乗っていない。

だが今回13ページを15ページにする為ワノ国動乱地図という見開きの図が最後に載っていた。

それにはこう描かれている。

日和であるはずのポジションに花魁の時の小紫の顔と名前が載っている。

これが今後修正されないのであれば壮大なネタバレを公式がやってしまったことになる。

しかしこのようなマップというのはおそらく作者が直接作るわけじゃないと思うので誤報の可能性もある。

特に小紫の葬式がこの先の展開で待っているのでこのタイミングで明らかにするのは妙である。(本当に編集者のミスでネタバレをしてしまったのなら話は別だが…)

では仮に本当にこれは純粋なミスで真相は日和は小紫じゃないとすると、なぜこの二人の顔は似ているのか?

その真相は実はこの二人は親戚……などではなくおそらく本人は完全に別人のつもりで描いているのだろう。

ワンピースの女性キャラはいくつかタイプは存在するものの大体似ているというのは有名な話。

しかし今回は小紫が登場した時点から日和で間違いないという思い込みがほとんどの読者の間で広まっていたのでそれが輪をかけて同一人物にしか見えないようになっているのだろう。

別人だとしたらなぜこの二人はこんなに似てるんだ?なぜ似せて描く?などの意見を見かけたが、これが真相なら………ワンピースは結構前からそうと言うしかない。

なので二人が別人だと今後判明したらこの事は世界中で色々と言われると予想している。(個人的には今更だと思うが今回の件が決定打になる)

そういう意味でも個人的には別人の展開の方が興味がある。

では本当に同一人物だとしたらこの雰囲気の違いは何なのだろうか?

もしも化粧の違いによる変化を描き分けてるとしたらこれは中々上手いと思う。

別人っぽい感じだが小紫(花魁)の時の雰囲気も残っているのでビビとミス・ウェンズデーの違いと同じぐらい良い仕事をしているのではないだろうか。(ただミス・ウェンズデーの時は元々本当に別人の予定だったようだが…)

巷では他にも催眠術説プリンでもあったあれなどの予想が出回っている。

ちなみになぜ見ず知らずのゾロに自らの身分を明かしたのか?という指摘もいくつか見かけたが、まあこれは展開をスムーズに運ぶためのお約束のようなもので深い意味はないと推測している。

オロチ側の鎌ぞうを斬り自分とおトコを助けてくれたので身分を明かしても問題ないと判断した感じである。

ワンピースは基本的にストレートな展開が多く頭脳戦のような展開はほとんどないのでゾロ(ゾロを通して一味)を罠にはめる為に…などの可能性はまずないと見ている。

プリンの時とは色々と状況が違うので少なくとも本当に催眠術のようなものを掛けられてない限り日和が素でそのようなことはやらないだろう。

ちなみに自分は相変わらず世間の波に逆行し今でも日和と小紫は別人説を唱えている。

賭け率にするとたぶん現在20:1ぐらいで圧倒的に不利だと思うがしかし大穴を狙えるだけの根拠はある。

詳しいことは今までの考察も含め説明しているので興味があれば次をごらんあれ…