937話考察
おトコを連れて逃げている芸者は小紫!?
違うのなら一体何者?


そのような噂が巷ではチラホラ流れている。

ではここで小紫と比較してみよう。

垂れ目の感じは確かに似ている。

他にも後ろ髪に刺している飾りの本数やもみあげから伸びている髪の長さなど共通点はいくつかある。

"スーパーアイドル"の時は化粧をしっかり決めておりこの時はスッピン(に近い状態)だと仮定すれば雰囲気の違いも説明できるだろう。

ただ基本的にワンピースの女性キャラは大体似ているのでこの芸者は単に小紫タイプの顔をしているだけかもしれない。(場面によってはロビンと小紫がそっくりな時もあったし)

それにこのタイミングで小紫が生きていると分かるのは何か違う気がする。

あとオロチの前であれほどの覚悟を見せておいて、刺客から逃げる時は大いに焦っているのも違和感がある。

なので自分の予想ではこの女性は小紫ではなく新キャラだと考える。

ちなみに新キャラだとすると一体この芸者は何者なのだろうか。どのような役割があるのか。

おトコの保護者としているだけなのか、それともゾロと何かあるのか。

何かあると言ってもゾロはサンジではないので恋愛感情を持ったりなどの展開はないだろう。

相手がゾロに持つような可能性は少しはあるかもしれないが、しかしそれをメインとしてゾロのストーリーが進んで行くのも何か違う気がする。

意表を突いた展開で来るのなら……コウシロウ(くいな)の遠い親戚だったりするとか。

モモの助いわくスナッチはゾロから教わっているのでスナッチに関するストーリーがあるのなら現在ビッグマム達と行動しているモモの助よりゾロの方が適任な気がする。

スナッチについてはともかくおトコはオロチに狙われており、そのおトコを連れて逃げたということでこの芸者も刺客に狙われ続ける可能性は高い。

そうなると助けたゾロとある時点までは共に行動するというのは自然だと思うのですぐに出番がなくなることはないはずだ。

博羅町の話以降影が一気に薄くなったゾロであったがここから一気に盛り返しそうである。

ゾロの年が明けるのは近いかもしれない…!