第935話考察
海楼石の手錠をされていたら覇気は使えない!?
その原理を検証!


以前からその辺はどうなっているのか不透明であったが今回ついに明らかになった。

ルフィによると現在どうやら覇気は使えないようである。

確かに使えていたらとっくに覇王色の覇気を使って看守達を倒せていたはずなので納得である。

だが海楼石の効力は悪魔の実の能力の使用を制限するものだと思っていたので納得ではあったがモヤモヤする感じもする。

たとえば非能力者であれど海楼石の手錠をされると覇気が使えないのかという疑問がある。

もしも使えるのであれば能力者限定ということになるがその場合どのような説明になるのだろうか。

非能力者も含まれる場合も同じで"海の力"人の本来持つ能力をどう封じるのか説明するのは能力者限定よりも難しい気がする。

なのでおそらく非能力者の場合は覇気は封じられないと思う。(無断転載通報)

能力者の場合だと封じられる理由はおそらく悪魔の実の能力者になった時点で普通の存在ではなくなるからかもしれない。

悪魔の実の影響は肉体全て(それどころか衣服にまで)※覚醒を含めたら周辺の物体にまで及ぶのでその肉体から発せられる覇気も同時に使用できなくなる感じである。

覇気は肉体より精神の影響の方が強そうだが、ブルックを見ての通り悪魔の実はにまで影響があるので理屈としては先ほどと同じである。

魂まで悪魔の実の悪魔?と一体化するのでその力を制限されると魂から発せられる覇気も同時に使用できないというわけである。

というわけでおそらくこの解釈で問題ないと思うがカイドウ辺りがルフィと同じ状況に陥った場合はどうなるか分からない。

もしかしたら完全に封じるわけじゃなく微弱に抑えられるだけかもしれない。弱体化しても看守を倒せる強さは残っているように。

しかしルフィの覇気の精度はまだまだなので、つまり使えないわけじゃなく使い物にならないほど微弱なレベルにまで落ちているのでルフィは使えないと錯覚しているというわけである。

つまりこの理屈の場合だとカイドウは海楼石を凌駕する気迫などで普段と比べて威力は抑えられても覇気が使えたりするかもしれない。

ワノ国でしか取れないという海楼石なのでおそらくこの先も海楼石絡みの話は何か待ってそうな気がする。その時これらの疑問が明らかになるのを期待する!