第933話考察
小紫を狂死郎は実は斬ってない説


という陰謀論を目にした。

ズバッと斬ったように見せて実は"居眠り"の異名にあるように皆を催眠状態にかけており幻覚を見せていたというのだ。

他にも二人は最初からグルで小紫はケチャップか何かを仕込んでおり血のように見せているという説もある。

個人的にはどちらの可能性も厳しいと思うがしかし本当にバッサリ斬られた小紫がこの後どうやって助かるのかという問題があるのでそれを考えると上の二つの説を簡単に否定することはできない。

可能性は低いと思うが0%ではないだろう。

それとも、ここで小紫の出番は終わりなのだろうか?

だとしたらリアルタイムだと人は"簡単"に死なない(以前までは"絶対"だったが近年は結構死んでいるっぽい)ワンピースに新たな風が吹くことになるのでそうなれば興味深い展開である。

小紫はワノ国トップのスーパーアイドルでさらに日和説が噂されるほどの人物なのでペドロ、パウンド、アブサロム達などとは置かれている状況がちょっと違う。

なのでその小紫がここでリタイアすればこれは完全に斜め上の展開といえよう。

ただそうは言ってもやっぱりここで死ぬわけがないと思うのでどうにかして助かるだろう。

一番あり得ると思うのはナミ達が混乱に乗じて小紫も連れて逃げるというもの。

他にはオロチの命令で城にいる救急班が処置を施し重傷ながら助かるとかだろうか。(小紫が生きていることは後日明らかになる)

ちなみに前回言っていた狂死老が小紫を助けるような展開はここでは絶対に起きないというは見事に当たったので今回も良い線行く自信はある。

そういえば話は変わるがもしこのままナミ達が簡単に逃げきれたらワノ国の警備がエラくしょぼいということになりそうだがこれでいいのだろうか。

このまま行くと本当にワノ国はカイドウだけが凄いということになりそうな予感がするゾ。(ブルックサカズキは巷の噂に踊らされている説)