第932話考察
お庭番衆にまた見つかってしまったロビン、次はどうするのか?


期待していたハナハナの実の分身で見事に隠密のスペシャリスト達から逃げ出せたロビン。

流石だ!と思ったがしかしロビン本人は城内におり今から城の外へ逃げ出すのは難しいと考え結局宴会の席へ戻ってしまった。

その判断が正しかったかどうかは微妙な気がしたが、案の定その後また見つかってしまった。

今回は果たしてどう対処するのだろうか?

このロビンも実はハナハナの分身……とは話の流れを見る限りとても思えないのでこの線はないだろう。

しのぶとナミとブルックがサポート役として控えているのでこの三人の力を借り何とかする可能性はある。

だがそれで逃げ切れた場合その三人にかき回される程度のワノ国の将軍の護衛って一体…(ちびまる子風)となりそうなのでどうだろうか。お庭番衆が一気にただのイロモノ集団になる気がする。

しかもロビンだけならまだしも小紫とおトコもピンチなのでその三人だけじゃこの状況はどうにもならないと思う。(小紫は放置ということになる?)

なのでここで第三の勢力が現れる可能性はあるかもしれない。

たとえば…狂死郎とか?

小紫を守る目的で刀を抜いたのならこの状況は色々な意味で一変するだろう。その場合そのドサクサでロビンも逃げ出せるかもしれない。

ちなみにこの仮説は巷でも結構ささやかれている。

しかし個人的にはどうだろうかと疑問視している。

オロチの悪口も以前言っていたし確かにあり得てもおかしくはないとは思うが、しかしそういう展開にはならないとが言っている。

狂死郎が忠誠を誓っている相手はオロチではなく実はカイドウなのであればオロチを裏切る展開はこの先本当にあるとは思うがこのタイミングは違うと思う。

ちなみにもしその予想が本当に正しいなら次回のタイトルは"小紫が好き"で間違いない。

ただ実際のところ狂史郎以外に他に誰かいるのかというのはあるのでこの展開は個人的には予測不能である。どう転んでいくのか全く分からない。

あっと驚く展開がここからぜひ繰り広げられてほしい。