第931話
まさかのゾロ超え!?
レイドスーツを着たサンジの実力を検証!


夢のステルス技術を嫌っていた家族からもたらされ複雑な心境のサンジ(ステルス・ブラックもしくはおそばマスク)であったが、目を見張るのはそれだけじゃなかった。

今回描かれた能力はこの3つ。

・ステルス機能

・加速力増強(脚力増強?)

・防御力増強

サンジは非能力者でなおかつ武器を使わないスタイルだったので今まで攻撃もだが防御の方に問題があった。

しかしレイドスーツによってその弱点が随分緩和した可能性がある。

ページワンの実力が一体どれほどのものなの未だに不鮮明ではあるが、しかしサンジを吹っ飛ばした時の描写はまるでシャボンディ諸島での黄猿の蹴りを思い起こさせた。

だがそのページワンの街を破壊するほどの強力なパンチを食らってもサンジはわずかな痛みを感じ取っただけであった。

黄猿の蹴りの方がページワンのパンチより当然強いとは思うが、しかしページワンのパワーが黄猿の半分程度だと見積もってもそれをほぼノーダメージで受け止められるなら相当な頑丈さと評価していいだろう。

さらにそこに今回の目玉であったステルス機能を加えると防御、回避ともに相当な飛躍を遂げたことになる。

これによってついに武器無しの縛りが消えたようなものではないだろうか。

元々身軽だったサンジだが加速装置の機能によってさらにスピードが増したように見える。

スピードだけなら作中トップクラスにまで上り詰めた可能性は0じゃない。

レイドスーツによって攻撃力が増したかどうかはハッキリ分からなかったが加速装置と組み合わせた蹴りが今後描かれる可能性はあるので発展の余地はある。

以上のことから、サンジはゾロを超えました。(どん!)

…いやこれは冗談なので本気ではないがでも分からないぞこれはとは結構本気で思う。サンジの懸賞金額が僅かだかゾロを上回ったのにはこういう意味があったのか…)

少なくとも相当差が縮まったのは確かだろう。

これで本当にライバルと呼べるレベルには上がった気がする。(今までも言われていたが自分はゾロが圧倒的有利だと思っていた)

ちなみに今のは自分の意見でしかないのでもしもレイドスーツ以前からゾロとサンジは互角だと思っていた人は今回の描写で大差でサンジ有利の評価に変わったのではないだろうか。

そういえば前回レイドスーツが凄いだけにならないか少し心配したが今回の描写を見る限りサンジの強さを最大限引き立たせる役割だけに見えたので問題ないように思えた。

WCI編での活躍によりサンジの戦闘での未来にもう希望はないという声が挙がっていたが個人的にはこれで随分挽回したように見えた。

挽回どころか今後がかなり楽しみとまで個人的には思っている。もっとステルス・ブラックの戦闘を見せてくれ~

2年後編からいまいちパっとしなかったサンジだったが、いよいよ本当に来たか…!!?

サンジの年はむしろこれからなのかもしれない。