第931話
ビッグマムがまさかの記憶喪失!?


四皇本人も含めた精鋭集団の乗る船がキングの蹴り一発で海に沈められた。

一体これが何をもたらすのか?という疑問が次の回(今回)で早速一つ明らかになった。

それはまさかのビッグマム記憶喪失

ベタな展開来た~と第一印象では思ったがそうは言ってもこの展開は自分は全く予期していなかったので意表を突かれた。

なので同時にいやこれは面白くなるぞ…!!とも思った。

ビッグマムの様子から察するに邪気は無さそうに見える。

小さい頃の無邪気な怪物に精神が戻っているのならルフィ達の味方として行動を共にする可能性は実際にあるだろう。

なので10人目の仲間説も巷ではさっそく囁かれたりしている。

しかし幼少期のあの一件を考慮すると味方として近くに置いておくには危険すぎる存在であろう。

それに記憶が戻ればそこで一味は終わってしまうので巨大な爆弾のような存在である。

だからといってこのまま放置するとも思えないし、医者であるチョッパーが引き受けて本当にこの先共に行動するかもしれない。

しかしマムの子供たちがその後チョッパー達を見つければあっという間に回収されると思うので長居するかは分からない。

チョッパー達からしてもビッグマムを無理に保護する必要は全くないので簡単に手放すはずだ。

そしてそこから何が起きるかだが、可能性が多すぎて検討がつかない。

一時的とはいえ味方になるかもしれないし、すぐに敵に戻るかもしない。

どの立場から見ても無害な存在としているかもしれないし、逆に全員にとって危険な存在になるかもしれない。

だからこそこの展開は予測不可能で面白い。

ちなみにこの記憶喪失の原因がプリンの可能性も捨てきれない。

トットランドに残っていると見せかけて実はワノ国に来ており浜に打ち上げられたビッグマムを発見しチャンスと見て大部分の記憶を切り取ったわけである。これでプリンは晴れて自由に!

という展開が浮かびはしたもののビッグマムが機能しないとトットランドは維持できない、つまりその行為はトットランド崩壊を意味するのでプリンがそれを承知でやるかどうかはかなり怪しい気がした。

なのでこの可能性は0じゃないだろうが限りなく0に近いと思う。

プリン達(カタクリやブリュレなど)が再登場するならここではなくもうちょっと先の展開かもしれない。この記憶喪失とは関わらない気がする。

というわけでここからワノ国の第二幕が本格的に始まりそうだが、そういえば主人公は一体どうなったのだろう…(今年に入って姿を見ていない気が…)