鳥か!飛行機か!いやあれは…!!


※930話までの情報あり

火災の異名を持つキング。

その名にふさわしく通常時ですらなぜか背中から炎を放出していた。

そして930話で悪魔の実の能力者だと判明。

リュウリュウの実 古代種 モデル "プテラノドン"であった。

ちょっと待った、なぜプテラノドンと炎が関係しているんだ?と疑問を持った人は多いだろう。自分もその一人であった。

しかし少し調査してみたところ巷ではこの疑問に対する正しい答えが示されていた。

キングのプテラノドンは正確には本物のプテラノドンがモデルではないようなのだ。

実際のモデルは東宝製作の怪獣映画に登場するラドンがモデルのようである。(さらに正確に言えばファイヤーラドン

プテラノドンではなくファイヤーラドンがモチーフなので炎を放出しているというわけである。

作中でこの先も何の説明もなくキングが火を出し続けていたらこれで間違いないないだろう。

ちなみにラドンの元ネタはプテラノドンであるので一応こういう事でも問題はない。

ただそうは言ってもプテラノドンをモチーフにしたラドンをモチーフにしたキングのプテラノドンだから炎を放出しているという説明でどれほどの人が納得するかは不明である。

ルフィの火拳銃、ゾロの対リューマ戦で見せたような火炎斬り、サンジの悪魔風脚など今までも詳細不明で火を纏った技はいくつか登場している。

ただキングの場合常に炎が出ているのでこれまでとは少しニュアンスが違う。SBSでその説明を求める人は今までで一番多くなるかもしれない。

プテラノドン→ラドン→キングのプテラノドンということで今後説明は何もないのか、それともキング特有の個人技で炎を出しているとなるのか、それともワンピース世界のプテラノドンは炎を纏っていたなどとSBSで説明されるのか、

この大いなる謎が解明される日がいつか来るのを期待したい…!(ちょっと大袈裟)