第930話考察
キングはどれだけ強いのか?


カイドウですら焦ったビッグマム海賊団を一人で撃沈したキング。

感想の中ではキングが凄いというよりビッグマム海賊団が油断しているように見えたと言ったが、しかし気になる描写もあった。

モンドール、コンポート、そしてペロスペローまでもがキングの姿を見て冷や汗を流していた。

この描写だけでキングが(ビッグマムを除いた)ビッグマム海賊団の誰よりも強いとは判断できないが、しかしカタクリクラスの実力は普通にあるかもしれないと思えてくる。

しかもカタクリと違いキングは自由に空が飛べるようなのであらゆる状況下での対応はキングの方に軍配が上がる気がする。(今回の芸当も空が飛べないカタクリには無理だっただろう)

プテラノドンというのは判明したが能力の詳細は不明なのでまだ何とも言えないがしかしクイーン・ママ・シャンテ号を吹っ飛ばすほどの火力は持っているようなので遠距離攻撃も優れていそうだ。

…と思ったがよく見るとこの攻撃は体当たりかもしれない。

なぜか火を放出しているのでその火を使って砲撃でもしたのかと思ったが普通の砲弾はマム達には効かないので高速でのタックルが正しそうである。(部下達も「蹴り落とした」と言ってるし)

となれば肉体の強さは相当なものだろう。

カイドウほどじゃなくとも頑丈であるのは間違いない。

ただし船を大破どころか一部を損傷させているようにも見えないので、(死角になってるだけかもしれないが)

破壊力はそれほどでもないかもしれない。

頑丈さとスピードで敵を吹っ飛ばす力が強いという感じだろうか。

というわけでSMILE軍団のしょぼさジャックの苦労が際立っていたカイドウ軍だったがキングはおそらく本物で間違いない。

おそらくキングはカイドウ軍の幹部の中で最も強いと思うのでトップのカイドウとNo.2のキングが空を自由に飛べるというのはかなりのアドバンテージだろう。

ビッグマム海賊団は平均的に優秀な部下(子供達)が多いが月歩使いぐらいしか空を駆けれないという機動力に問題がある。(城が倒れた時に結構みんなゴロゴロ転がっていたし)

なのでどちらの海賊団にも一長一短がありそれで均衡が保たれているのだろう。

しかし誰も数せないというカイドウなのだから長期戦に持ち込めばビッグマムを倒せそうな気がするのだが、その一生の恩とやらで直接攻撃はやりたくないのだろうか?

それがどのようなものなのか本当に気になるがそれについては置いておいて、ところでなぜ"プテラノドン"であるキングが炎を出しているのかという謎について面白い仮説を耳にした。

それについては次へつづく…