929話
アプーの姿がまだ見えないが、これは一体何を意味する?


以前カイドウと鉢合わせした3人の内ホーキンスとキッドはすでに姿を現している。

さらにカイドウの縄張りを荒らしたと思われるドレークはその後何かあって傘下に入り今回姿を現した。

というわけでカイドウと関係のある超新星で姿を見せていないのは残すはアプーのみになったが、これには何か深い意味があるのだろうか?

何の深い意味もない可能性は当然ある。

単にその場面に適役と思われる人物が登場しているだけでアプーは何となく後回しになっているだけかもしれない。

しかし思い出して見ると、

カイドウと直接連絡を取っていたことがある。

しかもカジュアルな感じで話しかけている。

さらにホーキンスから見たら上司のような存在だったジャックの事への対応が気のせいか対等のようにも聞こえる。

つまりアプーは他の超新星よりもカイドウの部下として出世しているのかもしれない。

ヘラヘラした奴だが仕事はキッチリこなすタイプなのだろうか?

それとも戦闘の実力がその中で抜きんでている?

実際2年前の時点で黄猿を吹っ飛ばした(ビックリさせた)快挙があるのでかなりの強敵の可能性は否定できない。

あのオトオトの実(仮)の能力はボムボムの実よりも優れており結構厄介だったりするのかもしれない。

さらに悪魔の実の能力だけじゃなく身体能力も優れているのならジャックではなくキングとクイーンと肩を並べる存在として登場することも考えられるだろう。

というわけでまだ姿を見せていないというだけでやけに過大評価した可能性もあるが、しかし底が見えてきた感のあるジャックより相性によってはより厄介な敵として立ち塞がる展開は実際あると思う。

"中間管理職"のジャックを野心溢れる若手が食うか…!?