第924話
魚の骨を飛ばしたのはキッドではない!?


なぜか骨を取った毒魚を与えるように命じられていた看守。

その理由は骨があるとまるで吹矢のように使われやられてしまうというものであった。

ちなみに最初にバレを知った時それをやったのはキッドだと普通に思っていた。

だが本編を見るとどうやらそうじゃないようだ。

キッドと同じ牢にルフィを放り込んだとき看守達は普通に扉を開けていた。

そこから中の様子は簡単に見えそうな上に全く怯えていなかったので、つまり牢の中にいる正体不明の存在はキッドではないだろう。

だとしたら何者なのか。

まず閉じ込められているということはカイドウ側の敵であるのはほぼ間違いない。

敵でも味方でもなかった酒天丸は仲間入りを拒んでも特に何もされなかった。

つまり協力しない奴は誰もが牢に入れられるわけじゃない。

ただしおそらくそれは酒天丸が例外なだけで普通の住人の場合だとカイドウ側に協力しない者は反逆罪あたりを被せられ投獄されるだろう。

しかし魚の骨を渡すのも禁止されるほど危険な人物なら一般人ではなくルフィ達と同等である可能性が高い。

という事はルフィやキッドと同じようにカイドウに直接立ち向かった者ではないだろうか。

これでもまだ選択肢は広いが、赤鞘九人男の一人が有力な気がする。

カイドウ側の敵強さも間違いなく兼ね備えているので普通にありえそうだ。

脱獄もルフィとキッドだけじゃなく赤鞘の一人も加わるならその後錦えもん達と合流する時に話がスムーズに進みそうである。

ちなみに他の候補は……ドレーク辺りだろうか。

その場合超新星が3人揃うことになりそれはそれで繋がりが生まれる。

ただこれがドレークだとしたら扱いがキッドやルフィより危険ということになるのでやや違和感がある。

なのでやはり最有力候補は赤鞘九人男の一人ではないかと思う。

他にも元カイドウ軍に属していたがある時反旗を翻した強者など考えようと思えば色々と可能性は浮かぶが、何者であろうと「第二幕」はこの三人による脱獄編がきっと控えているだろう。