第922話
ジャックはこのまま"まともなキャラ"で進んで行くのか?


クレイジーな奴として初登場時から描かれたジャック。

だが前回からそのキャラに暗雲が立ち込め始めた

ルフィ達をせっせと探すジャックを見て一部読者からパシリ働き者などと言われたりする羽目に。

ただその行動自体は任務の為にやっていたのでおかしなことではない。

しかし今回、カイドウを目の前にしたことでかジャックがなんか凄い真人間のように見えた。

後先考えず暴れまわるようなイメージとは真逆でカイドウが町を破壊しないようになんとかなだめようと考えたり、ホーキンスとなんか普通に上司と部下のような感じで会話をしていた。

カイドウのクレイジーさを引き立たせる為の演出なのだろうがその影響が続きジャックがこのまままともなキャラで進まないか少し気がかりである。

毒ガスの一件が無かったことっぽくなりイヌネコとの因縁が薄れる……なんてことにならないだろうか。

それに酒天丸との戦いで見せたかませ犬っぽさも引っ掛かる。

敵としては以前の立ち位置が個人的にはよかったのでジャックの今後が心配というわけである。

ストーリーの都合上そげキングをウソップだと見破れなかったルフィがそれ以来そのままのキャラで来てしまったようにその時の描写がその後も影響を与え続けるというのはよくある話なので……うーむ。

まあでもこの新生ジャックは以前とのギャップで面白い感じではあるので割り切ればギャグキャラとして悪くはない。

それにいざとなればまたクレイジーになるだろうから多分大丈夫かもしれない。(ルフィも最近ようやくシーザーの変装を見破れるほどのレベルに回復したし)

しかしジャックがパシリとして目立っているので裏にまだ控えているであろうキング(仮)とクイーン(仮)はジャックを超えるさらなる化物として描かれるのは間違いない気がする。(戦闘面でも精神面でも?)

最近のかませ犬っぽさはその前触れなのかもしれない…。