第919話
お菊と錦えもんはどのような関係なのだろうか?


今週最も謎だと思ったこととはお菊に対する錦えもんの反応である。

先週まではお菊は錦えもんの娘説などが飛び交っていたがお菊まで錦えもん達と同じく過去の人間だと判明したのでその線は無くなっただろう。

その説はこのサイトでは詳細に取り上げなかったがあるかもしれないと思っていたのでこの展開にはそういう意味でも驚いた。

錦えもんの女性観と女侍の存在が20年の時のギャップを表しているという理論だったので中々説得力があると思っていたのである。

だが蓋を開けてみるとまるで恋人のような感じだが、しかし錦えもんの反応が………何かおかしい

小さなコマだがサンジが目をハートにするほどのお菊に抱き着かれても、いまいち反応が薄い。

そうなってくるとあの可能性が再び存在感を増す気がする。

そう。

お菊はやっぱりなんじゃないだろうか?

大柄…拙者…侍…浦島への対応…錦えもんの反応…

そして以前語っていた錦えもんの女性観を考慮するとこれが一番しっくり来るんだよなぁ~という感じである。

さらに二人の関係がこち亀の両津とマリア(旧)のような感じだとすれば、なんか全てがピッタリ当てはまる雰囲気である。

マリアは両津のことを両様と呼ぶ。

お菊は錦えもんのことをキン様と呼ぶ。

以前はお菊が男かどうかは50/50だと言ったがこの展開を見ると85%まで急上昇した感じである。現在の賭け率は男が有利とみた。※トランスジェンダーの可能性は話が複雑になるのでここでは考慮しない

ただ普通に女だとしても別に矛盾はないしどうにでも辻褄は合わせれそうなのでまだどう転ぶかは分からない。

しかしお菊=10人目説はこの時点で無くなった気がする。そんな予感がする。

ちなみにお菊が錦えもん、モモの助、雷ぞう、カン十郎達と別行動を取っていた理由はやはりお菊のその"風貌"が理由かもしれない。

茶屋の看板娘としてワノ国の内情を怪しまれずにリサーチできるからというわけである。

というわけで一切考慮していなかったお菊=クイーン説はこれで完全に木っ端微塵になりお菊の謎は解けつつある。

だがお菊の性別次第では錦えもんのキャラや侍の位置付けにまで影響が出そうなので、この真相はこの先の展開的にも結構重要かもしれない。お菊まで20年前の人物となれば前回までとはその辺が大きく異なる。

ちなみにサンジが目をハートにしていた描写だが見かけから判断できない性別を判別する能力は持ってなかったはずなので当てにはならないだろう。

本当に男だったらサンジがどのような反応をするのか、そしてどのような態度を取るのか、これも中々興味深いかもしれない。