909話感想考察まとめ
ついにワノ国編がスタート!


ネタバレが明らかになった時の感想ではワノ国編開始があまりに突然すぎて戸惑っていましたが、あれから数日経ち落ち着いてきました。

というわけで冷静になったところで909話の展開を深く掘り下げてみます。

■元気に医者をやっていた眼鏡マルコ

白ひげの故郷の地で隠居生活を送っていたマルコ。

ネコマムシとの会話の中で涙を浮かべていたように白ひげへの思い入れは相当だったと思われる。

しかしこのまま田舎暮らしを続け海賊生活を引退するのだろうか?

ネタバレ感想の中ではマルコはワノ国へ向かうとお伝えしましたが、しかし本編のやり取りを見るとどうもその辺はハッキリしていない。

でもおそらく最終的には行くと思うが、ただネコマムシとは別ルートで向かうのかもしれない。

ウィーブルの危険があるので村に残るがウィーブルがワノ国へ向かったという情報を聞けばマルコも向かうという流れになる気がする。

■フェニックスの炎

マルコの不死鳥の能力は他人の怪我の治癒にも使えると判明した。

だったらその炎で白ひげのスクアードからの刺し傷を……と思ったが他者の場合は深い傷までは一瞬で簡単に治せないのかもしれない。

実際再生速度というワードが出たように自然治癒力を高めるのが限界なのだろう。

■また"豆知識"登場

この演出は完全にパターン化しつつある。

このまま行くと古参のキャラだけじゃなくジェルマの再登場ですらありそうな予感がする。(実際マルコは古参ではない)

■ウィーブルとミス・パッキン

その二人に関する最新の考察はこちらをご覧ください。

ウィーブルは本当に白ひげの息子なのか…?

ウィーブルは白ひげ海賊団の「敵」じゃない…!?

■いよいよワノ国が

べべんっ!!と描かれたワノ国の町並みからオダッチの気合が見て取れる。

だが気合が入っていたのは町だけじゃなかった。

■ロビンが…!!

フランキーは大工のフラの介として、ウソップはガマの油売りのウソ八としてワノ国の住人になりすましていた。

そしてロビンは芸者のおロビになっていたが、各地で言われているようにその姿は思わずため息がでるほどのものである。

個人的にはこれがベスト・バージョンのロビンです。

■ゾロが…!!

やっぱり潜伏など浪人のゾロ十郎には難しく案の定取っつかまってしまう。

ただ持っている刀に原因があったようなので今回は完全な不可抗力かもしれない。

ちなみにこの一連の切腹シーンには色々と疑問がある。ONE PIECEを読み解く!

・刀から血の匂いがしなかったら本当にゾロは切腹していたのだろうか

・というか血の匂いだけでなぜゾロは真犯人が分かったのか(間違っていたらそれこそ切腹ものである)

まあ細かいことはともかく、結果的にゾロが騒ぎを起こしてしまったので事態は始まって早々大きく動いていくだろう。

そういえば錦えもんに謝っていたが計画が崩れて一番迷惑が掛かるのが錦えもんだからなのだろうか?

まあこれも今後の展開で分かってくることだろう。

そしてこのゾロの行動と関連したことがある。

■あっという間にサムライ達が…

いつものモブになりそうな気配が早速ある。

というかその場にいるサムライ達はもう既になってしまった。

ワノ国編が始まってたった1話でこれが起きるのは予想外だったが、しかし逆にモブを早めに消費したのでこの先ゾロを満足させる屈強な剣豪が現れる展開が約束されたともいえる。

果たして以前の予想(ワノ国の侍(サムライ)は本当に強いのか?)はどこまで当たるかな?

そういえば錦えもんの背がブルック並に高いことについて1つか2つ気になることがあるという予想も前に立てていたが、今回の描写を見る限りワノ国の住人は錦えもんと雷ぞう以外は特に大きくなさそうである。

この感じだとサムライの大きさも個人差で違う感じに描かれるかもしれない。

■23年前の海賊騒ぎ

剣豪リューマの死体と秋水が23年前に盗られたと言っていた。

リューマの死体と秋水はモリアが管理するスリラーバークにあった。

なのでカイドウともライバル関係だったモリアの仕業で間違いないだろう。

ただし誰かが盗んだのをモリアが盗んだ可能性もあるので断定はできない。

何にしても最近は40年前のロックスやミス・パッキンなど昔の話題がよく出来る。

ワンピースの世界観を過去に遡って掘り下げようという事なのかもしれない。本当なら良いアイディアだと思います。

というわけで突然始まったワノ国だがここまではおロビといい期待できそうな出だしである。

そういえば他にも言うことが残っていたのでこの感想考察まとめは次へ続きます。(久しぶりに展開予想付き)