第908話考察
イム様は歴史を改変できる能力者!?


イム様のことで触れ忘れていた仮説をついに思い出した。

それは五老星のこの発言から発想を得たもの。

歴史より消すべき灯がまたお決まりでしょうか?

普通なら誰を標的にするかという意味であるが、もしも文字通りのことをやってのける能力があるならどうなるだろうか。

つまりイム様は標的を歴史上から完全に消すことのできる能力者ということになる。

そういえば以前本当に似たような能力者がいた。※これはパクリ動画です

シュガー

悪魔の実に恥じない名前を持ったホビホビの実

対象者に触れるだけで玩具にでき、さらに対象者の存在が人々の記憶から消えるという…………フィクション世界的に見ても常識を超えた能力であった。

神レベルの性能の実が存在したのでここまで来るとそれと同等かそれ以上の実が存在しても不思議じゃない。

という根拠でイム様がそのような類の能力者じゃないかと思ったわけである。

つまりイム様はアカシックバスターを使えるわけである。(スパロボネタ)※αしかプレイしたことないがでもαは面白いからおすすめ!

ただし触れもせずに想像するだけで相手を過去の時点から消滅させることができる能力というは流石に反則過ぎると思うので、この説はあまり自信はない。アカシックバスター+プロフェッサーXは強すぎる)

それに五老星がイム様に尋ねたということはイム様の指示の下、五老星がその対象者を消す行動に移る(海軍やCPなどに命令を下す)と考えることもできるのでこの点もマイナスポイントである。(イム様単独でできるのなら五老星はただの興味本位で聞いただけになる)

しかし五老星がひざまづくほどの存在なのでただの占い師的な存在とは思えない…

かといって未来が見える能力ならマダム・シャーリーと被っている。

でもマダム・シャーリーと違い自らの意思で自由に様々な可能性の未来を覗けるのであれば似て非なるものであるが……うーむ。

何だろうとやっぱり何らかの時間系の能力者の予感はする。(以前の考察では全く別の可能性を挙げたがこっちも有力視している)

というわけでまとめてみる。

ONE PIECEを読み解く!

・歴史を実際に改変させることのできる能力者かもしれない(神レベル)

・様々な未来を見ることのできる能力者かもしれない(予言者レベル)

ちなみに無茶無茶賢いので五老星が今後の世界情勢の方針を尋ねたという可能性もあるが、しかし雰囲気だけ見るとイム様は頭脳だけで指示を出す感じじゃない気がする。(黒装束が胡散臭すぎる)

まあ何であろうと常識を超えた能力者だとは思う。この点は自信がある。

というのもイム様がなんちゃって予言者(無能力者)だと、世界政府はただのカルト集団になってしまうからである。これは終盤ギャグになりかねない。(逆にリアリティがあるともいえる?)