第907話考察
ロックスの正体などを考えてみる

ビッグマムカイドウとも関係があるらしいロックス。

ガープが「海軍の英雄」と呼ばれるゆえんにもなったというロックス。

ロジャーの前は"奴ら"の時代だったというロックス。

ちなみにどうでもいい話ですが一番最初にロックスの話題を聞いた時、(早バレが明らかになった次の日)

あの"ロックスター"の略だと一瞬本気で思ったという裏話があります。

(本名はロックス・ター?)

という冗談はさておき、ガープは"奴ら"と言っているのでロックスは個人を指していないのだろうか?

それともいつかのルフィとゾロのように黒ひげを指して「あいつらだ」という感じの意味なのだろうか?

もしくはロックス率いる海賊団を指しているのだろうか。

この辺は今のところ曖昧だがこのやり取りを見て思い出したことがある。

それは金獅子のシキ※これは無断転載動画です

シキは番外編として漫画にも登場したがしかし基本は映画用のキャラであった。

つまりこのロックスも将来公開される映画用の敵なのかもしれない…?

というのが直感で浮かんだ可能性。ONE PIECEを読み解く!

それと同時にもう一つ浮かんだのが例のワンピース界に潜む伝説

参照:ワノ国でルフィ達の前に立ちふさがる「ワンピースの世界に潜む伝説」の正体を推測

ロックスとやらはビッグマムとカイドウとも関係があるようなのでこれはあり得るかもしれない。本命はこっちの気もする。

過去最大の敵というぐらいなのでこの二人の師匠、というかボスだったのかもしれない。

ただ先ほどの参照で挙げた考察の中ではその伝説の人物は白ひげの右腕として大昔に活躍した人物だと予想していた。

そうなるとビッグマムとカイドウの二人だけじゃなく白ひげともこの二人は関係があったことになる。

そういえば思い出してみると…

このような事を言っていたビッグマムとはかなり深い仲だったと判明したので同じ口調で指していた白ひげともただのライバル関係じゃなかったのかもしれない。(というかこういう事を言っているカイドウもいい歳したおっさんだと思うのだが、歳はいくつなのだろうか?)

ビッグマムに下積み時代は存在せずシュトロイゼンと共に独自に力をつけて行ったと思っていたが、でも常にトップだったわけはないので誰かの傘下に入っていた時期があっても確かに不思議ではない。

ONE PIECEを読み解く!

というわけでロックスについて考えてみたが、実際のところ現時点では何者か範囲が広いので結論は出さずに保留にしておきます。

ちなみにそれだけ古い人物ならブルックが知ってる可能性はある。

WCI編ではロードポーネグリフを奪うという大活躍を見せたのでワノ国でもまた意外な活躍が待ってるかもしれない。

2019年はゾロの年ではなくブルックの年か…!?