第906話考察補足
黒装束の"中身"はどうなっているのか?

黒装束の正体についてまだしっかり取り上げていなかったことがある。

それは手の位置がおかしくないか?という疑問。

この推測が正しいのならこの人物は手長族か何かか、もしくは小人二人が肩車をしていることになる。

このような感じに。
(手は下半身担当の方がなぜか出している)

後者が正しい場合麦わら帽子は実は普通サイズという可能性が出てくるが、だがそれだとこのシリアスな描写が後々ジョークだった事になるので実際のところありえないだろう。

というか上の推測がそもそも間違っており、実際はこれが正しいと思われる。

ただこれでも違和感がある気がする。(おそらく肩の位置が不鮮明だから)

ではここで噂にもあった宇宙海賊を持ってきてみる。

黒ずくめ帽子がやけに長い、そしてひょろっとしている点など共通点がある。

だが宇宙海賊の方がまだ普通の服である。(思ったほど似ていなかった)

しかし古代の宇宙人の服(正装?)を元にしている可能性はあるので現時点では無関係と結論を出すのは早いだろう。

では次にベガパンクと比べてみる。

ベガパンクの体型こそ最も謎で、まだ僅かにしか明らかになっていないがこの推測が正しい場合こっちこそ本当に異形である。

こうやって見ると宇宙海賊よりベガパンクの方があり得そうだが、しかし世界最大の頭脳を持つ男と言われる割には顔や頭が普通サイズな気がするのでこの黒装束がベガパンクの可能性も低いだろう。

ONE PIECEを読み解く!

というわけで黒装束の中身を考えてみたが、歩いている時のハイヒールが出すような音で女性の可能性も囁かれている。

麦わら帽子の存在といい現時点では謎だらけである。

というわけで真相がわかり次第、追って報告する!(古すぎるネタ)