922話ネタバレ感想
"百獣海賊団総督カイドウ"
驚愕の龍の力が一つ明らかに!


龍の姿のカイドウを見てモモの助が突然苦しみ出す。

ロー、ルフィ、ゾロの3人が既に敵側に存在がバレていると錦えもんに報告するローだが、狙いはSMILEの取引を邪魔した自分とルフィであるので作戦には支障がないと説明。

おこぼれ町の上空に現れたということでルフィは勝手に町へ向かう。

作戦が台無しになりかねないとルフィを追うロー。

錦えもんとお菊もお鶴が気がかりなので山を下りることに。

お前を覚えていると酒天丸を睨むカイドウ。

かつて龍と戦った経験がある酒天丸はそのことを一瞬思い出す。

先ほどまで酒を飲んでいたのか泥酔しているカイドウは部下になれば過去の事は許してやると上機嫌に酒天丸に提案する。

おこぼれ町の住人は工場の労働力であるため泥酔状態のカイドウが暴れたら一大事だと頭を抱えるジャック。完全に苦労人キャラへと変貌。

そこでホーキンスが機転を利かせルフィとローはおでん城跡地にいるとカイドウに告げる。

トキが残した20年後の予言の年という事もあってか最近人々の間では城跡にて不審な光を見たという噂が広がっていた。

噂の払拭もかねて城を完全に消したら一石二鳥ではないかとカイドウをおでん城に向かわせた理由をジャックに説明するホーキンス。

城に残っていたナミ達はカイドウが突然向かってきて大パニック。大急ぎで逃げる準備をする。

だがカイドウの巨大な口から"熱息"(ボロブレス)という強烈なブレスが放たれ城跡は吹き飛んでしまう。

ジャックやホーキンスまでカイドウの力に唖然とする。

だがそんな中、カイドウの真上に何者かの影が。

「ゴムゴムのエレファントガン!」

大暴れしているカイドウにルフィは真上から怒りの一撃を脳天に叩きこむ!!

そしてその攻撃で白目を向くカイドウで次回へつづくのであった。

ちなみにモモの助が突然苦しみ出したがその理由について興味があれば次をご覧ください。