921話ネタバレ
"酒天丸"
奴の正体がもう明らかに…!?


火祭りは年に一度ワノ国で開かれる盛大なお祭り。

カイドウは国を守る「明王」とされている。

祭り当日はオロチの「将軍行列」が鬼ヶ島へ参拝に行くことになっている。

その他の役人や百獣海賊団も集まり宴を行う。

錦えもんは「火」「2羽の鳥」「ハブ」「逆三日月」のイラストが描かれた紙を取り出す。

その意味は火は「火祭り当日」、2羽の鳥は「酉2つ夕刻5時半から6時」、ハブは「刃武港」、逆三日月は「反乱の意志」を表している。

ゾロとウソップは当日までにこの紙を左足に「月の印」付いている者達に配って回る役目を受け持っていたのだ。ゾロは錦えもんよりウソップに謝るべきだった。

フランキーはかつて「カイドウの屋敷」を設計した大工に弟子入りをし屋敷図の入手。

ロビンには芸者としてオロチに接近してもらう作戦がそれぞれ実行中だったのだ。先行組の役割はしっかりあった。

錦えもんいわくブルックの能力は「都での食料調達」に役立つとのこと。

ナミの天候術は「くノ一」さながらという。(役割は…)

サンジの料理は「人集め人探し」をするのにうってつけ。

チョッパーとキャロットはお菊と共にイヌアラシの元へ向かう事に。

錦えもんはフクフクの術を使い皆の衣装を和服にする。(ナミの着物だけ露出度が高い)

ナミの抗議を受け本物のくノ一「しのぶ」を案内人としてナミに付ける。

そしていよいよ任務開始。

錦えもんは「河松」、「傳ジロー」、「アシュラ童子」の3人は強力な助っ人になるので優先的に探して欲しいと付け足す。

場面はおこぼれ町。

ルフィがばら撒いた食料を頭山盗賊団が接収していた。

町の人々も抵抗するが盗賊団にまるで歯が立たない。

盗賊の棟梁である酒天丸は町人に刀を向け、人々を守る侍はおらず強き侍を従えられるような男もいないこの国はもう終わりだと告げる。

そんな酒天丸のところにジャックがやってくる。

ルフィの居場所を尋ねるジャックだがそんなものは知らんと答える酒天丸。

お前を生かしているのはカイドウが部下にしたがっているからだとジャック。

酒天丸は目にも止まらぬ速さでジャックを斬る。

そして侍をなめるなとポツリ。

ジャックと酒天丸の戦いが始まる。

両者ほぼ互角の実力を持っているようだがジャックの方がやや優勢か。

二人の対決の最中、突如空が雲に覆われる。

今すぐ空を見ろとルフィに言うロー。

雲の間から巨大な龍が姿を現す。

TO BE CONTINUED

というわけでもうジャックが姿を見せ酒天丸までも登場したかと思ったらカイドウまで龍の姿で出てきたという驚きの展開であった。

そういえばカイドウの正体が龍だったということで非常に納得がいく描写があったので興味があれば次をご覧ください。