920話ネタバレ
"おでんが好き"
あの能力、本当に存在していたでござるの巻


おでん城の正式名称は九里城なのだが人々がおでんを尊敬していたのでおでん城と呼ばれるようになったという錦えもん。

おでんは当時のワノ国の将軍光月スキヤキの息子でありながら暴力事件を繰り返し花の都を追放されてしまった経歴を持つ。スキヤキ…

元々九里は無法地帯と呼ばれる場所でアシュラ童子がそこのボスであった。

ある日追放されたおでんがそこへ乗り込み、アシュラ童子を討ち取り、ならず者達をまとめ上げた。

仕事を与え、町を築き、城を建て、農園を作り、いつしかスキヤキからも認められ九里大名の地位を与えられたのであった。

それが光月おでん20歳の時の話である。

九里の浜辺にイヌアラシがおりおでんに出会った頃を思い出している。

当時流れ者だったイヌアラシはワノ国の住人から喋る犬と気味悪がられていた。

しかしおでんだけは違い人々を叱りつけイヌアラシを丁重にもてなしたのだ。なるほどそういう事だったか。

錦えもんの話は続く。

白ひげを魅了しロジャーが惚れ込んだ侍の話から事件の核心へと進む。

詳細は語られなかったがおでんが罪人となり壮絶なる最期を遂げたと涙ながらに語る。

錦えもんたちはおでん城を目指したが時すでに遅く城は炎上していた。

当時城内にはモモの助と妹君の日和、そして母君の光月トキがいた。

なんでもトキは遥か過去に生まれたという噂がありさらにトキトキの能力で未来へ旅をしていると語っていたとか。マジですか。

燃える城内で錦えもん達を未来へ送るトキ。

20年後の荒れ果てたワノ国に着いた錦えもん達は打倒オロチに向け仲間探しを始める。

その途中地武えもんという男と出会い20年間待っていたと錦えもん達を迎え入れた。

同志の侍は足首に月の印を彫っているとのこと。

国内に留まらず海に出た錦えもん達は旅の最中でルフィに出会い、今に至る。

現在の戦力は麦わらの一味ハートの海賊団銃士隊侠客団反乱の意志ある侍達

計画の実行は二週間後の火祭りの夜という。

次回へつづく。

この段階で本当に出てきたトキトキの実の能力者であるトキについて興味深い仮説があるので気になる方は次をご覧あれ。