第941話詳細感想
"えびす町の人気者"


今回はトの康が捕まりさらに丑三つ小僧とも判明し怒涛の展開だった……のは確かだが、ただ何の脈絡もなしにこのようなことになったので急展開過ぎたとも思った。

そして冒頭にあった九里の山火事の真相は錦えもん達が腰の重いアシュラ童子を動かす為になりすましでホールデム達の食料を奪ったことが原因であった。

その報復としてまさかホールデム達が山に火を放つとは思ってなかったようだが、しかし錦えもん達も何気にやってることが際どい。

何はともあれこっちの展開もこれから先一気に色々と進みそうである。

やはり味方側の人数が多く各自それぞれの展開を広げていくというのは難しいのだろうと改めて思った。

ついに小紫の死を知ったクイーンの反応は予想していた感じであったがここでルフィとヒョウ爺がおしるこをたらふく食って太るというのは予想外であった。

緊迫感が全くないのはきっとこの先リンリンがおしるこがない事に気付きとんでもない事が起きる前触れを意味しているのか、それともギャグのような流れを引き継いでひと騒動起こすのを意味しているのかはまだ分からない……

そういえば話は変わってネタバレの中では小紫の遺体はないとお伝えしましたが本編ではそのようなシーンはなかったのでバレ情報に100%信頼を置くのは注意が必要です。

日和(Hiyori)のところを普通に小紫(Komurasaki)と書いてたりするのでやはり本編を見るのが一番である。

日和やトの康については考察を見ていただくとして、全体的な流れとしてはこの先起きるであろう大きな出来事への準備段階の印象を持った。

着実に近づきつつあるのは感じるのだが各所で色々なことが起きておりそれを同時に進めているので、途中でも言ったようにスムーズに進めて行くのは難しいのだろう。

しかしゾロがようやくナミ達と合流しそうなのでこの調子でどんどん味方側が集結すればまとめやすくなるかもしれない。(その代わり1コマにキャラが密集しそうだが…)

そういえばまだワノ国でゾロとサンジは顔合わせしてなかった気がするので懸賞金額の話も合わせてどのような会話が繰り広げられるのか楽しみである。