902話考察
なぜサンジのケーキが不発に終わったのか色々と考えてみる

多数の読者の期待を裏切りケーキの効果が何も現れないままWCI編は終了したが、一体なぜこのような結末になったのだろうか。

ここでは色々と深読みをしてこの真相を探ってみる。

ちなみにケーキの役割について自分は最初から意味が分からないと度々突っ込んでいた。

※参照:ビッグマムはケーキを食わずに倒されるかもしれない

なので個人的にはこのような事態になってもそれほど驚かなかった。

とはいえ度重なるサンジの気合の入った描写などできっと何かが起きるんだろうと色々考えた。

(※気合の入ったサンジの例)

なのでこの結末にガッカリした人がいるのも無理はない。

これじゃミスリード(やるやる詐欺?)と思われても仕方がない。

というか最初からこのような計画だった可能性は否定できない。これが可能性1。

つまりこの結末はケーキで倒せるほど四皇は甘くないというのを読者に見せる意味があったと考えることができる。

ちなみに作者がサンジを嫌ってるからこのように描いたという意見も目にしたが、その可能性も確かに捨てきれない。

ただ流石にこんな回りくどい方法でそれをこのように表現する?と思うので0%じゃないとはいえこの説は支持しようとは思わない。

なので最初からミスリードを狙った場合四皇の強さを引き立たせる為の方がまだあり得ると思う。

もしくは、サンジの信念の負の側面を描いてみたくなったか。(もしもクリークの時にルフィがいなかったらこうなっていました的な展開)

では次の可能性に移ろう。

■ゆでたまご(無計画だった)

このシーンを見てほしい。

ケーキを作った本人が予測不能と言ってる。

これは作者の声とも捉えることができる。

つまりケーキが完成したこの時点ですらどうするか決めていなかった可能性がある。

サンジを中心に始まった長編なのでサンジで締めようとある時思いついた。なので料理(ケーキ)によるビッグマム打倒の流れを途中で描くことにした。

だがそれがどのような結末になるのかを最初から決めなかった。未来の自分が何とか上手く描いてくれるはずという具合に。

だが最後の最後まで"尾田栄一郎"といえどどうすればいいのか分からなかったので全回復という効果のみで終わってしまったのだ。

正直な話これは本当にありえると思う。

いくら才能のある漫画家といえどいつも完璧なストーリーは思いつかない。

それが今回ラストに表れてしまったというわけである。

ただ本当にありえると言ったがこの可能性は最有力候補というわけではない。

自分が考える最有力候補はこれだ。

■最初の構想は途中でまずいと気付いた

先ほどの可能性と違いこれはケーキによるビッグマム退治の流れを始めた時にはすでにその結末は考えていた

それが何なのかは今となっては不明だが、あまりの美味しさで気絶しソルソルの実の能力が開放されその結果ホーミーズ消滅あまりの美味しさで本当に死亡してしまう、など様々な可能性が考えられる。(このサイトや巷で色々推測されたように)

だが途中で問題点に気付いた。

たとえば死亡パターンの場合トットランドの崩壊がセットで付いてくる。

ビッグマム無しでも維持できる国だったら問題は起きなかっただろうがビッグマムを無茶苦茶強く描きすぎたので途中からそうはいかなくなった。

つまりルフィ達(というかサンジ)に一国の崩壊というそんな重たいものは背負わせれないと途中で気付いた。

というかビッグマムが一人死ぬだけでもサンジのモットーに反する可能性がある。

なのでそれだったら全回復だけの方がサンジのモットーにも反さないし良いと考えこのような結末になったというわけである。

ちなみに気絶のケースの場合は四皇の設定がジョークになりかねないと考えやめにしたのかもしれない。

それはほとんどの読者の期待通りの展開であるが(おそらく)、しかしいざ"それ"が描かれるとビッグマム海賊団の脆さが浮き彫りになっていた可能性がある。(※それとはビッグマムの気絶によってルフィ達がやすやすと逃げ切れる状況が生まれること)

実際以前の指摘が当たったようにビッグマム無しでもルフィ達はギリギリのとこまで追い詰められた。

つまり四皇の勢力を考えると最初からケーキでどうにかなる状況じゃなかったわけである。

ビッグマムが気絶してもルフィ達が縄張りのど真ん中にいるのは変わらないし、大軍が控えているのも変わらない。

つまりここまで来るとビッグマム一人戦闘不能になったところで意味がなかった。

なので意味もなく四皇の格を落とすよりもやもや感が残る結末の方がいいと判断し、こうなったのかもしれないわけである。(つまりゆでたまご的な部分も混ざった結果なのかもしれない)

※ちなみに和解ルートも可能性としてあったかもしれないが、少なくともこの時点でやるのはよくないと判断したのかもしれない。(後述)

というわけで物語のラストを壮大に飾る(と思われた)サンジのケーキの不発の真相を考えてみたが、実はまだケーキの効果は発揮されていないという可能性も捨てきれない。

さらにケーキは確かに不発に終わったが後の展開で非常に重要な意味を持つ可能性もある。

どういうことかはおまけとして(2)へつづく。