919話ネタバレ
"おでん城跡"


スピードはあれからもお玉に従順でそのままお玉はスピードと共に家へ戻る。

おこぼれ町のヒーローとなったルフィ達はおでん城へ向かうことに。お菊もついていく。

場面は花の都。

寺子屋で子供たちは鎖国について学んでいる。

鎖国は平和を守る為の行為、開国は悪人や悪い考えを招く悪の行為だと教えている。

そして開国を企んだ悪い人達がおでん赤ざ9人の男達だという。

そしてそんな悪人たちを懲らしめたのが黒炭オロチ将軍なのだとか。

場面はある料亭。

"居眠り狂死郎"という両替屋が酒を飲んでいる。

オロチは小心者など悪態をついている。

それだけじゃなく20年前のおでん城での出来事を知っておりそれについても語っている。

おでんの奥方いわく、

月は夜明けを知らぬ君

叶わばその一念は

二十年(はたとせ)を編む月夜に九つの影を落とし

まばゆき夜明けを知る君と成る

その呪文のような言葉を20年後の月夜の晩に九人の侍が化けて出るとオロチは解釈したと狂死郎。

場面は戻りルフィ一行。

おでん城に到着するとなぜかお菊が涙を流し走り去ってしまう。

そして錦えもん達の墓を見て混乱するルフィ。

そこにちょうど錦えもん達がやって来る。

錦えもんを見たお菊は、そのまま錦えもんに抱き着く。

そして何気にサンジ達も合流。思ったよりすんなりだった。

皆が集まったところで城内へと移動。

錦えもんは今までルフィ達に黙っていた真実を告げる…!

次回へつづく。

というわけで本当に錦えもん達は過去の時代の人間であったがそれがトキトキの実かどうかについて気になる方は次をご覧あれ。