911話ネタバレ感想
"侍の国の大冒険"
きびだんごにエースとの約束!


ルフィのミニ回想によると渦潮に飲まれる直前にルフィはゴムゴムの風船のように腹を膨らませジャンプ台になり皆を船から脱出させていた、

しかし当のルフィはあの鉢巻きの大ダコに掴まれ脱出に失敗。そのままサニー号と共に大渦に飲み込まれてしまったのであった。

さらに持っていたビブルカードも失くしてしまう。

場面は現在に戻り海辺近くの森で女の子が悪漢に捕まっている。

悪の一族と言われている光月家の従者であるその女の子は遊郭に売られるかもしくは実刑判決を言い渡されるかのどちらかの選択肢しかないらしい。

だがその時悪漢がサニー号の存在に気付く。

電伝虫で真打ちとやらに連絡を取り不法入国者であるルフィを麻酔銃で捕らえ"労働力"にしようと目論む。

だが五皇であるルフィ。銃口を向けられたのと同時に男を殴り飛ばす。タコには捕まったが流石だ。

どうやら武器を持ったヒヒは奴らのだったらしく狛犬は後回しにしてルフィを倒せと指示を出す。

この騒動によって自由になっていた女の子は隙を見計らって後ろから男を棒で殴り倒す。

この女の子さんの名前はお玉

なんとほっぺからきびだんごを作る能力者であった。

そのきびだんごを狂暴だったヒヒに食べさせると途端にお玉になつきだす。

桃太郎の猿候補であるルフィはきびだんごを食べる前からその能力に関心するのであった。

お玉によると現在地はワノ国の九里

町で買い物をしていたところ先ほどの悪漢に見つかったらしい。

持ち物を全て奪われた時に「光月家が戻ってきたら覚えてろ!」と言ったのだが、なんとその発言はワノ国では重罪になるようだ。

助けてもらったお礼にお玉は自分の家へルフィを招待する。

茶碗一杯のごはんと漬物を用意するが大食漢のルフィはガッカリしてしまう。

お手洗いに行くと言ってお玉は家の裏に行く。だが本当は川の水を飲んで飢えをしのぐ為に外に出たのだった。泣ける。

そしてお玉の師匠である天狗がやって来る。

お米を食ったルフィを見て怒り出す。

お玉はもう何日もまともな食事をしていなかったのだ。

だがせめて正月と誕生日だけは米を食べさせてやりたいと考えていた天狗は8歳の誕生日を迎えたお玉に町まで米を買いに行かせていたのだった。

その話を聞いたルフィはさすがにショックを受ける。(8歳の方じゃなくてお米の方)

ちょうどお玉が戻って来るが倒れてしまう。

その原因は弱ってる少女を天狗がおつかいに行かせたからというわけではなくカイドウの工場に原因があるらしい。

工場によって水質汚染された水を飲んだことにより体調を悪くしてしまったようだ。近代的な問題も浮上。

だが彼女はこの地から離れたくないらしい。なぜならエースとある約束を果たしたいからだとか。

場面変わってバジル・ホーキンス

なんと悪漢が言っていた真打ちはホーキンスのことだったのだ。

通信が途絶えた九里の浜に向かうようだ。

カイドウさんにはまだ伝えるなと部下に指示を出したところで次回へつづくのであった。

前回の話を見てワノ国編はスローペースで進むのだろうかと不安であったが今回さっそく展開が動き出したので良かった。

ホーキンスも現れこれはいきなり盛り上がる予感がする。本当に期待できそうだ。

ちなみにお玉とエースの約束について心当たりがあるので気になった方は次をご覧ください。