第899話
感想補足


ではネタバレ感想や考察の中で触れてない部分を取り上げます。

■伝わる緊迫感

大焦りのモンドールとペロスペローとのやり取り。

この辺演出の上手さは文字だけじゃ伝わらない。

さすがである。

■ペロスペローの考える結末は3つ

1.毒によりビッグマム死亡でビッグマム海賊団は終了

2.毒は効かないがケーキの不味さでビッグマムの狂気は止まらず国を破壊し続けトットランド終了

3.毒が効かない上にケーキは美味い

そして3番目の可能性だけがビッグマム海賊団(トットランド)が生き残れる唯一のチャンス(奇跡)だとペロスペローは考えている。

読者からすると毒は入っておらずケーキは最高においしいことを知っているので3番目が来るのは確定している。

だが問題は食べたその後だが、果たしてどうなるのかな…?

■ナッツ島

別の島の住人がナッツ島は滅びたと言ったが生存者もおり完全に滅んでるわけではない。

だが住人に広がるビッグマムへの不信感は本物。

すでにおいしいケーキに命運を賭けるのは無理だと判断して島から逃げようとする者の姿も映っている。

トットランドはこの時点で既に危機にある。

■ふんわり島住人の反応

なぜこの島にケーキをとシフォンに言いたくなるのは最もである。

そして逃げ惑う住人の後方でプロメテウスが邪悪に笑っているのが非常に不気味。どこでゼウスと差がついた。

■サンジとルフィ、無事に帰還

ほぼ予想どおりあれから何事もなく無事に船に戻れた二人。

あそこで何か波乱が待ってたらテンポが非常に悪かったのでこれでよかったと個人的には思います。

■ジャッジの出番は残っていた

そしてその意味は意外なものであった。

■ルフィの反応

ジャッジのサンジへの罵倒に対するルフィの反応が非常に傑作である。

シリアスさとコミカルさが綺麗に融合したワンピ史上でも中々の名シーンだと思った。

この場面はぜひ自分の目でご確認ください。

■一味の危機

ビッグマムの縄張りにいるので目先の敵をどうにかしてもすぐに囲まれるのは時間の問題。

さらにダイフクのランプの魔人の攻撃範囲にも入り大ピンチに。

(ちなみにバレ感想の中ではサンジの戦闘での出番があったと言ったが、防御一辺倒なのでサンジファンの人はそれほど期待しないほうが良いかと)

■タイヨウの海賊団登場!

これは完全に予想通りの展開だった。(ワダツミは除く)

だが予想外だったのはこの回で露骨にジンベエが部下達から見送られたのが描かれたところ。

そのようなシーンは次回あると思っていたのだが、だとすると次回ひょっとして…!?

魚人と人魚という海戦において最高の味方をつけた一味なのでこの先本当にもう逃げるだけである。

ビッグマムもついにケーキの前に降り立ったし、何か全ての準備が整った感が出ている。

休載もないという奇跡もあってこれは次週本当に期待できるぞ…!! 絶対に見逃せない!!!

(ここまで来たらどれだけハードルを上げても問題ないと判断しました)