896話
感想補足の補足

そういえば言い忘れていたことがいくつかあった。

まずサンジが冷静だった理由がプリンの気持ちに気付いていなかったという部分。

そうきたか…と最初に言ったが、しかしよく考えると読者から見たらプリンの気持ちはハッキリしているが作中だと確かに気づきにくいかもしれない。

ハートマーク付きで喋ってることなんて分からないのでこれは納得である。

ただ、こうなったプリンと最初に遭遇した時に皆が感情の裏返しがすごい!と言ってたのでサンジがプリンの気持ちに気付いていると錯覚しても無理はないだろう。(たぶん途中までは本当にそういう予定だったのでは)

でも気付いてようと気付いていまいと最近のサンジがやけにカッコよく描かれているのは確かである。今回の件で成長したということだろう。

そして次はペコムズ。

ナゾムズとして助けに駆け付けたわけだが、これは完全にビッグマム海賊団への反逆だがいいのだろうか?

ただそもそもサンジを連れてくるという任務を放棄しさらにルフィ達を縄張りまで案内するという暴挙を既に取っているのでもう開き直ってるのかもしれない。

それとも最初の二つの件はうやむやになってこの件はナゾムズの仕業ということでお咎めなしなのだろうか?

ペコムズの今後はWCI編がスタートした時から気になっていたのでむしろこれでハッキリするかもしれない。(おそらくこの流れでビッグマム海賊団を抜ける?)

そしてルフィvsカタクリ。

英語圏で賛否両論と紹介したが大絶賛する人も多いのでものすごい批判も多いと誤解しないようお願いします。

絶賛する人はワンピース史上最高の戦いだったと言っている。

ちなみに自分の歴代No.1はゾロvsミホークであるが、(好きな戦闘BEST10)

ルフィvsカタクリは何位に食い込むだろう。

上位に食い込むのは間違いないと思うが、今後二人の戦いを最初から読み返して判断してみます。

ただ読み返さなくても決着の仕方は既にNo.1である。ゾロvsミホークを超えた。

ちなみに次回は休載じゃないようなので、いい流れである。この調子でお願いします。