カタクリとオーブンは今後互いに反発しビッグマム海賊団は二つに分裂する!!

カタクリの今後についてはいくつか分析を行っている。

ワノ国で桃太郎の"犬"のポジションに着くかもしれないだったり、ビッグマム海賊団の残党として新たに活動をしたり(ビッグマムが悪魔の実の能力者を食って死亡した場合)など。

だがどのような経緯で従来のビッグマム海賊団とは違う行動を取るかは考えていなかった。

そこで今から896話の展開予想を元にどうなるか考えてみる。(要するにその予想の続きの展開である)

カタクリがルフィを担いで鏡の世界から広場に現れると誰もが困惑するだろう。

しかしそれはルフィを助けた意味で運んできたとはならない。

敵の親玉を仕留めたということで連れてきたとも取れる。

なので一瞬困惑するものの、ほとんど誰もがカタクリがルフィを倒してその亡骸を持ってきたと取るだろう。

生きていると気づいても見せしめとして連れてきたと思うはずだ。

ルフィとカタクリの熱い戦いはフランペとそのモブ達以外誰も知らないのでそれは自然である。

だがそこへ、またしぶとく意識を取り戻したフランペが現れる。

「カタクリお兄さ…いえ、そいつは裏切り者よ!!! わたしが仕留めたそのお猿を横取りしたんだから!!」

??と困惑する一同。

それをチャンスと見たサンジとプリンが行動に移る。

プリンの全体攻撃である記憶の糸(メモリーズ・フィル)"フラッシュバック"を使い油断していたその場にいる者達全てを混乱させる。

そしてその隙にサンジが高速でカタクリの元へ行き、そしてルフィを担いでまた一瞬で逃げる。

広場にいる一同ふと我に返るとそこにルフィの姿はない。

カタクリに視線が集まる。

だがオーブンだけは、遠くに見える空飛ぶ絨毯に乗っている3人の人影を見逃さなかった。

そして場面が変わりこの後カタクリがどのような説明をしたかは描かれない。(先の方でも)

だが後々カタクリはこの後無言でその場を去りビッグマムの元へと行ったと語られる。

そして勢いあまってペロスペローを食ったビッグマムが大爆発を起こして死んだのを目撃するのだ。

その情報は瞬く間に広がりカタクリとルフィの勝負については皆どうでもよくなりパニックに陥る。

そこでカタクリが指揮を取ろうとするのだが、それに対し同じ三つ子であるオーブンが反発をする。

カタクリについて行く者はビッグマム海賊団の残党として、そしてオーブンについて行く者は新ビッグマム海賊団を名乗る。

オーブン側には当然フランペがいる。

そしてフランペが流した噂の影響もあって多数はそちらに流れるだろう。

ちなみにカタクリ率いる残党にはおそらくブリュレとプリンがいる。

ブリュレのカタクリへの熱さはフランペと違い本物だったのだ。

プリンからすると似たような立場になったカタクリにつかない理由がない。

そしてワノ国で、国を率いる方針の違いが理由で元は一つだったそのグループは衝突するのである。

というわけで自ら予想した展開を中心とした展開予想はいかがだったでしょうか。

二重の予想なのでほとんど二次創作みたいな感じではあるが、休載の間ぐらいはこうやって穴埋めをするのも悪くないと思います。

しかし最初に予想した展開が普通に外れるとこの予想も合わせて崩れる可能性があるのでそれがこの問題点でもある。

ちなみにこの展開はちょっと前に考えたプリンの今後について改めて考えてみるの展開ともシンクロできる。

というわけでこの二次創作まがいの展開予想はさらに続きます。