890話感想補足の補足

新年最初のワンピースという事で何かサプライズがあるのではないかと展開予想の中で色々と考えた。

だが実際は何も起きず。

ごく普通の展開であった。

いや四皇がサニー号の上に降り立ち暴れるというのは普通ならとんでもない事態であるが、空腹により弱ってたこともあってか案の定そこらのちょっと強い敵とあまり変わらない印象を受けた。

(なのでそれを自己補完する為に他の四皇の失態集のようなのを先に取り上げたというわけ)

そしてこの話を見て確信したが、作者は2018年もマイペースでやる気だ。急ぐ気配は何も見えない。

今回何か進展があったといえば、ゼウスが力を失いナミの支配下になったぐらいである。

まだ側近のホーミーズは2体残っている。

ビッグマムもしぼんで来ているがピンピンしている。

感想補足の中でも似たような事を言ったが今回は簡易ネタバレの内容と本編にほとんど大きな差がなかった。

つまりあまりに普通の展開だったのでこれは本当に本物か?と実は一瞬疑ったぐらいである。

(簡易ネタバレといえどその文章(展開)を見れば本バレか偽バレかすぐに区別が付くのだが、今回は取り上げた時100%の自信がなかった)

ちなみに色々言ってるがこれはつまらない展開と思ったわけじゃありません。

ただあまりにこの時期の割に平凡な展開だったのでおや?と思ったのである。(去年が衝撃的すぎたというのもある)

詳しくは明日大晦日に公開予定の今年のワンピースを振り返る(仮題)でまた取り上げると思うのでそちらをご覧あれ。