890話感想
"船の上のビッグ・マム"
サニー号を守る為の決死の攻防が始まった!

ビッグマムはウェディングケーキを探す為にサニー号を破壊しようとする。

ジンベエがケーキはこの船にはないとビッグマムに伝える。

もしそれが本当なら嘘を付いた長男ペロスペローを殺さないといけないとビッグマム。やはりおそろしい。

そのやり取りを聞いたペロスペローは愕然とする。

だがビッグマムは息子を嘘つきにするなとジンベエに返す。

そして燃えるナポレオンの剣でジンベエに攻撃。

それを受け止めるジンベエ。さすが元七武海はダテじゃない。

だが完全な状態じゃないとはいえ四皇、そのままジンベエを海へ吹き飛ばす。

キャロットが休んでいるから船を壊さないでとナミ。

当然ビッグマムはナミの願いを聞かず。

そしてナミへ攻撃を仕掛けるが、それをチョッパーが止める。さすがチョニキだ。

だがビッグマムの髪に宿っていた炎が帆に移ってしまう。

しかしそれはジンベエが海から消火。

さらにビッグマムに強力な海水を当てプロメテウスと引き離す。

そして海から船に飛び乗り、ビッグマムにパンチを食らわせ海へ吹き飛ばす!

だが筋斗雲ゼウスがいるのでそのまま海には落ちずキャッチされ、また戻って来る。

サニー号を真っ二つにスライスしてやろうとするビッグマム。

そこへナミがゼウスをまた操ろうとするも、今回はゼウスも黙ってはおらず攻撃を仕掛ける。

ブルックが雷の攻撃を食らうが、骨なので通用せず。エネル唯一の天敵その2。

そして素早い身のこなしでブルックがゼウスを真っ二つに。

そして弱ったところでナミがビブルカードの力を使い、ゼウスを利用しビッグマムへ雷を食らわせる!

意外と効いたらしく動きを止めるビッグマム。

エネルギーを使い果たしたゼウスはナミの手のひらに収まるほどに小さくなった。そしてしもべに。

しかし当然ビッグマムはその程度の攻撃じゃ倒れない。

さらにホーミーズはまだ残っている。

次はプロメテウスと共にサニー号を追うのだった…

というわけで今回はチームワークが凄かった。

皆の取り柄が見事に活きた展開といえるだろう。

そしてこの感想の補足は次をご覧ください。