889話考察
ビッグマムに乗り込まれたこの危機的状況を一味はどう切り抜けるのか考えてみる

サニー号に四皇ビッグマムが乗船した。

通常ならこの状況は絶体絶命の大ピンチである。(たとえ主力が全員揃っていても)

だが今のこの状況はむしろチャンスかもしれない。

どういう事か早速説明してみる。

まずナミの持つビブルカードがあるので、ホーミーズによる被害は最小限に食い止められる可能性が高い。

それにヨミヨミの実の能力者であるブルックがいる。

歯が立たなかったとはいえ一度ビッグマムと側近のホーミーズ達とやり合った経験があるので、ナミで抑えられない分はブルックがカバー出来るかもしれない。

だがビッグマム本体がまだ残っている。

ジンベエとチョッパーで抑えることはどう考えても無理である……が、今のビッグマムは完全な状態じゃない。

普段より痩せて身軽になったらしいがその分パワーや特に体力が減っていることは充分考えられる。

ただしそこを突いても互角になることはないだろう。

だがかろうじて応戦できるぐらいにはなるかもしれない。

更にビッグマムはサニー号を簡単に壊すことができない。

なぜなら壊すとビッグマム自身が足場を失い溺れてしまうからである。

いくら四皇でも能力者であるなら海には勝てないはずだ。

ただし冷静さを失ってる現在は後先考えず暴れる可能性があるので注意深く戦うとは思えない。

だがそこにいる一味全員が上手く連携すれば、サニー号を犠牲にせずともこの危機を乗り越えることは不可能じゃないだろう───

展開予想に近い考察であったが、他にもこの状況を切り抜ける方法はあると見ている。

ただそれは890話の展開予想の中で詳しく説明するのでそちらをご覧あれ。