889話感想
"未知のママ"

キャロットにやりたい放題され怒ったダイフクは魔人を呼び出しキャロットに攻撃を仕掛ける。

だが素早いキャロットには攻撃が当たらず、逆に自らの艦隊を半壊させてしまうことに。

怒ると後先考えなくなるところがダイフクの欠点かもしれない。

ジンベエの話によるとミンク族は満月を見ると狂暴化しそれをコントロールできなければ一晩中戦い続け、挙句死んでしまうらしい。サイヤ人よりやばそうだ。

その話を聞いたブルックは居ても立ってもいられずキャロットのいる艦隊へ向かう。

前回の様子を見る限りキャロットは"月の獅子"(スーロン)状態をコントロール出来てるように思えたが、どうやら完璧じゃないらしい。

食いわずらい発症から8時間経ち、ビッグマムの体には異変が起きていた。

「心なしか痩せてねェか?」とペロスペローが心配していたが、その予感は的中しており現在は気のせいじゃないレベルで痩せてきている。

そんなビッグマムはナポレオンに指示を出しプロメテウスとゼウスを呼び寄せる。

場面は変わってベッジの船。

サンジとベッジが言い合いをしている。

ベッジはケーキの中に毒や爆弾を仕込むべきだと訴えている。

確かにそれは一理も二理もある。

だがサンジの料理人としてのプライドがそれを許さない。

かわりにケーキのクリームをベッジに食べさせる。

すると前に味見をしたシェフと同じように美味しさのあまり倒れるベッジ。

場面は戻りキャロット達。

キャロットと魔人の戦いによってダイフクの艦隊は完全にコントロールを失っていた。

だがキャロットは長時間のスーロン化は無理があるようで疲労している。

そこへブルックがキャロットを連れ戻す。

どうやったら通常に戻るのか聞くと目を隠せばいいとのこと。

ペコムズがいつもサングラスを掛けている理由はまさかこういう事だった…!?

場面はビッグマム。

ゼウスとプロメテウスがいよいよ合流し、プロメテウスはビッグマムの髪に宿る。

そして髪が燃えスーパーサイヤ人化したビッグマムはナポレオンの剣を持ち、ゼウスに飛び乗りサニー号へ襲いかかる。

以前と違い陸じゃないのでこれは本当にやばい状況である。逃げ場が限られている。

それをすぐに悟ったジンベエは船を捨てる覚悟をしろと叫び、次回へつづくのであった。

詳細な感想は次へつづきます。