886話考察
このままカタクリを鏡の世界に閉じ込めて放置したらどうなるのか?

答え:腐って朽ち果てる

………と思ったのだが、どうなのだろうか……

そういえばブルーノ(ドアドアの実)の時も同じことを思った記憶がある。

異空間系の能力者本人以外がそこに置き去りにされるとどうなる?

覇気を使えば自力で脱出できるのだろうか?(魔人ブウやゴテンクスのように?)

それとも能力者が死ねば自動的に通常の世界へ戻されるのだろうか?

それとも能力者が死んだ場合その異空間は消えずに逆に脱出手段が完全に無くなってゲームオーバーなのだろうか?

うーむ。

おそらくだが、能力者が死ねば自動的に戻れるが正解かもしれない。

気を失うだけで能力が解除されたりするぐらいなので、気を失うこと以上の事が起きればそれと同じことが起きると考えるのは不自然ではないのではないか。

ただし、ドアドアの世界やミラミラの世界が能力者が作ったものではなく常にそこにあるもの(能力者はそこに通じるゲートを作れる存在)であれば能力者が死んでもその世界は消えないと思われる。

その場合そこに閉じ込められた存在はゲームオーバーだろう。

つまりである、ルフィは再戦なんかせずにそのままカタクリを鏡の世界に放置しておけば、これは自動的にルフィの勝利になるのではないか?

(だめ?)

まあ覇気を使っても脱出できないと決まったわけじゃないし、それにルフィがピーナッツ戦法を取るわけがないのでカタクリとの再戦は遅かれ早かれ確実にあるだろう。

ちなみにだが、仮にカタクリがこのまま脱出できなくても簡単に腐って朽ち果てはしないかもしれない。

おまけネタとして(2)へつづく。