881話考察
クラッカー戦について改めて考えてみる

現在カタクリに一方的にやられているルフィ。

だが三将星のクラッカーには勝利している。

つまり、よほどクラッカーとカタクリの間には実力差があったのか?

長男、さらには10億超えという要素によってカタクリは別格の位置にいるのかもしれない。

しかしこうも考えられる。

クラッカー戦の勝利はまぐれのようなものだったと。

つまりタイマンで戦っていたらルフィはクラッカーのビスケット兵に歯が立たず、一方的にやられるか逃げるかという選択肢しかなかったのかもしれない。

これならカタクリだけ特別に抜きんでているという事にはならない。

それに8億6000万ベリーギャグのような技でやられたという事で"格"が落ちることもない。

というのももしカタクリが別格の存在であれば、この戦いの行く末次第では今後戦闘力のインフレが起きる可能性がある。

詳しいことは次へつづく。(クラッカー再登場の可能性についてもあり)