878話考察
ルフィvsカタクリ戦が始まるわけだが…

久しぶりルフィの真剣勝負が見られそうでこの展開にワクワクしている人はいるだろう。

だが果たして、勝機はあるのか?

まずはあの戦いを思い出してみる。

大苦戦したクラッカー戦。

ナミがいたから良かったものの、タイマンであれば勝ち目はなかっただろう。

8億6000万ベリーのクラッカーにすら苦戦したルフィが現在判明している最高額の10億5700万ベリーのカタクリに勝てるのか?

普通ならまず無理だろうが、しかし今回のルフィはクラッカー戦と違ってマジである。

いやこの時もマジだっただろうが、しかし今回は表情が違う

少なくともタンクマンにはならないだろうし、それにこれで軽くあしらわれたら、何のためのカッコいい演出だったのかが分からなくなる。

なので良い勝負をするのは間違いないだろう。

確かに10億は超えているが、しかしジャックもそうだったように10億だからといって無敵の強さとは限らない。

それにクラッカーはルフィにとって相性が悪かったとも考えられるので、カタクリとの相性が悪くなければそれほど問題はないかもしれない。

というわけでクラッカー戦についてちょっと考えてみたが、勝敗についての予想はまだ戦いは始まってすらいないので保留にしておきます。

ちなみに懸賞金額について思い出したことがある。

おまけとして次の分析へつづく。