878話感想
久しぶりにカッコいいルフィの登場!


ペドロ回想の中でロジャーが登場。

そして怒りのキャロット…

この流れを見る限りペドロは本当に死んでしまった感じを受ける。

当然まだどうなるか分からないが、しかしこちら側も今後何らかの描写がない限りペドロは本当に死んだと思っていた方がいいだろう。

と思いきやペドロは生きていた……と見せかけてそれは片腕を失ったペロスペローであった。

やはり死ななかったか…

とはいえ飴も解除出来たし7億の腕をふっ飛ばしたので上出来かもしれない。

そして船を食いだすビッグマムだが、やはり誰もビッグマムは相手にしないようである。本当に戦闘力の桁が違うのだろう。

そしてブリュレを掴み、船を離れると言い出すルフィ。

混乱する一同。

その後クード・バーストでついに脱出に成功する一味であったが、ルフィの姿がない。

掴まれていたカタクリと共に鏡の世界に入っていたルフィだが、どうやらカタクリと一騎打ちをする為にわざと入ったようである。

そしてなんと、鏡を叩き割る!

この構図はかなりカッコいい。

という感じで次回へつづく!

去年からこっそり侵入しては捕まり、そして逃げに逃げていた展開が続いていただけに久しぶりに胸熱の展開である。

そして回想とはいえロジャーが登場したりとこの回は色々と考察の余地がある。

今後の予想なども含めた考察は次の項目へつづく。