一発大逆転!?
プリンは最終的に本当に味方になるのか…?


さて、前回の考察ではプリンは嫉妬心に目覚めたとか単にワケのわからない事を言ってるだけなどと予測したが、どうやら本当に心を入れ替えたらしい…?

それが事実なら大穴として予想した方に近いことになるが……どう思う?

普通なら喜ばしい展開ではあるが、しかしワンピースが実はかなり行き当たりばったりで進んでいることが最近明らかになったのでここからまた妙なことになる可能性は普通にある。

実際今回のプリンの行動は三つ目を褒められたことによる喜びは指しているが、サンジがナミをキャッチした時のプリンの反応への説明にはならない。

ただキャッチした時(869話)にはまだこのような展開を考えていなかったので、あの描写があまり意味のないことになっているだけという事も考えられる。

さあ、どっちで来るかである。

三つ目の涙をとるか、口あんぐりをとるか。

どっちもあり得るから予想する方としては困る。

ビッグマムを封じ込める外部要因が無ければルフィ達で自力でこの状況を切り抜けるのは極めて難しいだろう。そう考えるとこのプリンの行動は正真正銘のものと思える。

しかしおかしな行動を取っている方がプリンの素の性格とマッチしているし、それにサンジとナミを見ていた時の描写の意味もハッキリする。

正直どっちで来るか分からない。

そもそも直前でのキャラ変更があり得るとネタバレがあった以上、過去の描写から次の展開を理論的に予測するのは基本的に不可能である。

だが希望的予想をするなら当然このプリンで落ち着く方である。

おそらく読者の過半数はそれを望んでいるだろう。

だからこそ、無視できない要素が存在している。

何のことかは(2)へつづく。