プリンの涙と鼻水…!!
874話感想
パート2


パート1

パート1の感想は早バレの時のものであったのだが、しかし本編が全て明らかになってもあまり印象は変わらず。

逃走劇ホーミーズ達とのやり取りが中心であるのは何も変わらなかった。

しかし、画でしか分からない部分もあった。

それはプリンの表情である。

この印象だとプリンの今回の言動は裏がないように見える。

涙だけじゃなく目が隠れる演出もあるし、おまけに鼻水を出している。

大昔のナミ(アーロン編の時)を少し思い返させるような印象を持ったのだが、それがそういう事ならこのプリンはサンジの言葉によって本当に心が浄化されたのだろう。これはそういう事になる。(単に惚れただけなら性格が激変しすぎ)

そういえばプリンがベッジ兄さんと呼んだのは当然ではあるが、少し意外な印象でもあった。

元々ベッジは長くビッグマム海賊団の元にいたしシフォンとも結婚してるのだから二人が普通に顔見知りでもおかしくなかった。

しかしペコムズもだが皆プリンに関してはずっとダンマリだったのでこうやって普通のやり取りがあると意外性を感じてしまう。

そういえば結局ベッジもペコムズもプリンの正体は最初から知っていたという事なのだろうか?

まあ…この辺はうやむやのまま終わるだろう。演出の問題なので深く考えてはいけないのじゃ。

というわけでプリンが最終的に鍵になりそうな気配であるが、しかしケーキを作る時間の余裕などあるのだろうか?

それともいくらビッグマムが強くても行動力体力は大した事がないので一味は逃げ続けれるのだろうか?

何であろうと本当のクライマックスに入って来たのだけは分かる展開であった。