なーんかこんな予感がしてたんだよなぁ…
873話感想
"八方塞菓子"

本当に寒いダジャレのタイトルで始まった873話。

展開予想ではこの回でホールケーキアイランド編は終わるかもしれないと予想したが、どうやらまだまだ続きそうである。

とりあえずあれからカニバルは起きずに、立ちはだかった息子(オペラ)の寿命をただ引き抜いただけであった。

とはいえカニバルじゃなかったとはいえ寿命を抜かれるのも大問題なのでペロスペローが機転を効かし麦わらの一味が予備のウエディングケーキを盗んだと嘘をつく。

それを聞いたビッグマムは筋斗雲に乗ってルフィ達の元へ飛んで行く。

その時「嘘だったらお前の寿命で償え」と言っているのでこれでペロスペローの脱落は確実になった気もする。

そしてプリンだが……今回の描写については個別に分析しよう。

この感想は早バレの時のものなのでこれで確実な判断はできないというのもある。

(ちなみにこの感想のタイトルはプリンを指したものである)

そして逃走を続けるルフィ達の元へいよいよ狂った怪物(モンスター)が迫ろうとしていた───

(2)へつづく。