871話考察
最凶!?
この先ビッグマムに勝てるのか?

ルフィ、サンジ、ヴィンスモーク家(ジャッジ)、全員ビッグマムに歯が立たなかったわけだが、これは麦わらの一味全員が揃って何とかなるレベルなのだろうか?

今回の描写を見る限りどうしようもない気がするのだが…

しかしオーズの時のようにチームワークで何とかなるのだろうか?

ならないと話にならないので今後きっと何か策を練るのだろう。

ただポイントとしてはこの逃走劇の後はカイドウ戦である。

ビッグマムは最初の四皇戦ではあるが、しかし最低でもカイドウの後に控えている大ボスということになる。

つまり、四皇の中で2番目に強い存在の可能性がある。

ちなみにトップはまず間違いなくシャンクスで、最下位は黒ひげだろう。

たとえ四皇の座に就いていようと2年間で個人としての戦闘力が飛躍的にアップするとは思えない。

ただ二番目といっても個人の戦闘力順だと シャンクス>カイドウ>ビッグマム>黒ひげ という感じかもしれない。

全体的な戦力としてカイドウよりビッグマム海賊団の方が上(かもしれない)というわけである。

ちなみに海賊団としての順位だと 赤髪>黒ひげ>ビッグマム>百獣 という感じだと思われる。

黒ひげが本当にわずが2年でビッグマムを追い越したのかは疑問の余地があるが、しかしラスボスの可能性すらあるので追い越した事になるだろう。

そういえば一応今回のルフィは100%万全じゃなかったので全く歯が立たなかったという可能性もある。

だがビッグマムの方もとても本気を出しているようには見えないので、現在のこの力関係は今後も変化はないと思われる。

そもそもたった一人のクラッカー相手にルフィは大苦戦したのを忘れちゃならない。それにナミの補助がなければ普通に倒されていただろう。

(ちなみに今後も描写があり次第戦闘力分析は更新し続けます)