逃げる為の戦いが始まる!
870話感想
"訣別"

苦しむベッジだが、助けに外へ出るのは得策ではないとルフィを止めるナミ。

サンジやロードポーネグリフの写しを手に入れた今、戦う必要はないと宣言があったも同然なのでここから話は逃走の為の戦いに移るのはもう間違いない。

どのようなオチが待っているのかとずっと疑問を持っていたので、これでようやく具体的に見えてきた感がある。

だが抜け駆けは腑に落ちないと道連れをにおわせるが、しかし部下や妻子の為にも死ぬわけにはいかないとベッジ。

熱い

一体誰がキャラとしてベッジがここまで成長すると予想していた…?

この中で誰より魂があるようにすら見える。

さらに全員が生き残る方法が一つあるという。

それは人型に戻ってシーザーがベッジを抱え空へ飛んで逃げるというもの。

原始的な方法ではあるが、確かにそれならチャンスはあるかもしれない。

元々こうやって脱出する予定だったのだろう。(ただシーザーも突っ込んでいるように普通に狙い撃ちされそうな気もするが)

そしてサンジとジャッジの因縁が決着を見せる。

一つ一つこうやってイベントが消化されていくのを見るといよいよ本当にホールケーキアイランド編が終わりに向かっているのが分かる。

その計画に乗っかり護衛を請け負うとのヴィンスモーク家。

何やらちょっとした過去がありそうなジャッジとシーザー。

そしてこのままヴィンスモーク家を残し皆逃げるかと思いきや、やっぱりルフィとサンジが飛び出すことに。

という感じで次回へつづく!

感想も(2)へつづく。