867話
ビッグマムは本当に"人喰い"なのか?

ビッグマムは食人鬼ではないという噂がある。

感想の中では皆を平らげた前提で話を進めていたが、実はそう断言できないようである。

流し読みしかしてないのでてっきり悪趣味な展開が確実に起きたとばかり思っていたが確実ではなさそうだ。

しかし食べてないのであれば、皆はどこに行ったのか?

そして前回からしっかり読んでいないので把握していなかったが、どうやらカルメルはソルソルの実の能力者だったらしい。

ということは、やっぱり普通に食ったのではないのか?

しかし悪魔の実の能力がそのような形で移行するのも少し違和感がある。

悪魔の実の能力者が死ぬと悪魔の実が近くの果物に宿るという噂を検証の中で少なくとも通常の悪魔の実は能力者が死んだときにその実になる素質のある果物に宿ると結論を出した。

だが、これはつまりそうじゃないという事なのだろうか?

しかしこれが通用するならその方法がもっと広まっていてもよさそうだが…(グロすぎて誰もやらない?)

もしくはこれは噂どおり実はビッグマムは皆を食べてないという事も考えられる。

どうやってどこに行ったのか、そしてこれがそういう意味じゃないのならどのような経緯でビッグマムはソルソルの実を得たのかなど疑問は尽きない。

しかしそれが、ワンピースはグロテスクな漫画じゃないという気休めになるのならこの噂を信じるのも悪くはないだろう。解釈は自由だ。

まあ、実際は普通に食ったのだろうが。

直接的な描写が無いとしてもワンピースは前からこのような種類の漫画である。気付いてなかった人は少し気付くのが遅かったかもしれない。

(だからこそプリンの正体が明らかになる前の展開は替え玉が描いてるんじゃないかと疑っていた)

ただそれでも確実に食ったと断定できないのであれば、おそらくアニメではそこを上手く利用するだろう。

というわけでおそらく原作とアニメの矛盾回避の為にもこの真相はSBSですら明らかにならないとみた。

だったらアニメでは実は何者かに(少なくとも子供達だけは)連れ去られた描写があっても問題ないわけである。

というわけでまさかまたこの事について取り上げる事になるとは、でもまあこれが最後だろう。

(ちなみに後々実はあの描写はただのミスリードで本当はそれは起きていないとなっても、個人的にはこの過去編の評価は何も変わらない)