865話
サンジとヴィンスモーク家の関係は最終的にこうなる!

サンジとヴィンスモーク家(特にジャッジ)の関係は一体どのようにして決着するのかずっと疑問だったが、今回の展開を見て何となく分かった気がする。

見殺しにしない道を選んだ理由は、助けたいからじゃない。(ただしレイジュに対してはその理由はあるもしれない)

これはきっと恩を売ることによる復讐で間違いない。

知ってるならドラクエ8ククールとマルチェロの最後を思い浮かべてほしい。

嫌っていた息子に情けをかけられ、ジャッジはみじめに今後生きて行かねばならない──

という感じである。

ただこのパターンだと1、2、4との関係はあまりハッキリせず終わることになるが、しかしあの三人はジャッジによる改造によってああなってしまっているという事をレイジュに聞かされて知ったので、それでもう決着が着いていると言えるかもしれない。

おそらくレイジュがあの三人の面倒(?)を今後見ていくなどと別れ際に言って、それで一区切り着くという感じになると見た。

今後の様子はいつものように扉絵で描かれていくだろう。

そしてジャッジが反省する様子が描かれるかどうかだが、それは分からない。

しかしレイジュから聞いたソラの話をサンジがジャッジに尋ねるとかそういうのが最後の方で待っている気がする。

それに対し驚くジャッジ。

そして少しやり取りを交わした後、やや脱力気味の表情でサンジに背中を見せ去っていく───

という感じの展開を想像している。

ただ、このホールケーキアイランド編の終わり方を考える上で一つずっと引っ掛かっている点がある。

(2)へつづく。