計画通り発狂しないビッグマム…
864話感想
"ヴィンスモーク家皆殺し計画"

予想に反し叩き割れたマザーカルメルの写真を早速見たビッグマム。

だが、何も起きない

これは、以前どこかで予想した展開が悪い意味で当たった。(859話の感想だった

叩き割れた写真を見てビッグマムが発狂する可能性は100%じゃない(だからこの計画はギャンブルの要素が強い)と言ったが、本当に単なるギャンブルであった。

そして、今になってサンジを撃つプリン。

うーむ…

そうきたか…

このサンジとプリンのやり取りは何か90年代のラブコメっぽいと思ったが、これはつまり、サンジとプリンは今後くっつくという事なのだろうか?

この展開を見て直感で思ったのは、多分普通にくっつかない。(そう思う理由の詳細は今後の考察で説明)

そして3男のダイフクがサンジを狙う。

プリンの事を役立たずと呼んだり、殴ったりと、今後サンジが倒すサインはいくつもある。

だが、「こいつが死ななきゃ始まらねェんだ!!」というのはどういう事だろうか?

別にサンジが死ななくても、今すぐヴィンスモーク家をやってしまえばいいのでは??

うーむ…

そしてこちらも計画通り進まないので、四皇の幹部達から猛攻を受けるジンベエやペドロ達。

だが、思いのほか普通に善戦している

よ、弱い…!?

ビッグマム海賊団弱すぎじゃないか…?

数も何もかも上のはずなのに……これは一体……!?

ただこれは、大切な客である闇の世界の帝王達が近くにいるので大暴れできないという事で一応解釈はできる。

大物ゲストに被害が加わったら大変なのできっと皆手加減しているのだろう。(そう考える以外他にない)

そして普通に捕まっているヴィンスモ-ク家。

こっちが本当に弱い。

ちなみに今回のヴィンスモーク家全員の言動については今後個別に取り上げます。色々と言うことがある。

感想は(2)へつづく!